1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

下ネタ動画で恐喝されたイ・ビョンホンの今

モデルのイ・ジヨン(24)とガールズグループ「GLAM」ダヒ(20)が「ワイセツ動画」をたてにイ・ビョンホンから50億ウォンを脅しとろうとした恐喝未遂事件。判決公判が言い渡されるまでの経緯を調べました。

更新日: 2015年02月22日

24 お気に入り 267917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ace88888さん

▼20代のアイドルに恐喝されるという事件をおこしていた

1970年7月12日、韓国の俳優である。
ソウル特別市出身。
漢陽大学校仏語仏文学科卒(仏文学士)。
中央大学校新聞放送学科大学院修了。
身長177cm、体重72kg、血液型O型
BHエンターテインメント所属。

ビョンホンの“ワイセツ動画”をたてに50億ウォン(約5億1500万円)を脅し取ろうとしたとして、アイドルグループ「GLAM」のダヒ(20)と女性モデル(24)が地元警察に逮捕

韓国ガールズグループ「GLAM」は2012年に「Party(XXO)」でデビューし、パワフルなパフォーマンスで人気に。ダヒ個人では、Mnetドラマ「モンスター」で高校生キム・ナナ役を演じるなど、注目を受けるメンバーだった。

▼気になる“ワイセツ動画”の内容とは?

初体験はいつ?」「男の魅力は顔?性的な部分?」「男のどこを見ると興奮する?」などと質問したことが明らかになっている

「モデルの部屋でしこたま酒を飲んだビョンホンが2人にスワッピングを持ち掛けたのではないか、と言われています。ビョンホンは昨年8月に12歳年下の女優のイ・ミンジョンと結婚したばかり。新妻が仕事で海外滞在中の火遊びにしても、度を越していると非難ゴウゴウです。元カノに婚約不履行で訴えられたり、変態行為をバラされたり、女性問題の多さでは群を抜いています」

▼妻・イ・ミンジョンとの関係にもひびが

出典mery.jp

生年月日:1983年02月16日
血液型:O型
身長:167cm
趣味/特技: 映画鑑賞、読書


韓国版「花より男子」でイ・ミンホ演じる主人公ク・ジュンピョ(道明寺司)の婚約者ハ・ジェギョン(大河原滋)を演じ、一躍トップスターとなる。

「彼女は事件発覚時、仕事でパリにいて、9月16日に帰国したんですが、ビョンホンと住む京畿道の新居ではなく、ソウルの実家に帰宅して、今もそこで過ごしているんです。つまり、別居しているというわけです」

▼仕事にも大きな影響が!

1万1697人。これは、9月5日から韓国で行われている『イ・ビョンホン(44才)の広告の中止を求める署名運動』に集まった、現在までの署名人数である。

ネット上は、《もう彼を見たくない》《CMは全て打ち切るべき》といった辛辣な書き込みで溢れている。発端は、9月にビョンホンを襲った恐喝事件だった。

12月に新作映画『侠女:刀の記憶』の公開を控えていたが、今回の騒動により公開が来年1月に延期された。

▼これまでにも女性問題で裁判沙汰になったこともある

現在はお母さんとともにカナダ、トロントでテコンドー道場を運営中。

イ・ビョンホンが撮影のためにカナダに訪れた際に、カナダ代表の新体操選手で韓国系のクォン・ミヨンと知り合って交際に発展。

しかしその後クォン・ミヨンが「イ・ビョンホンからプロポーズを受けて体の関係を持ったにも関わらず、一方的に連絡が途絶えた。精神的、肉体的な被害を受けた」として裁判をおこしたのです。

▼裁判の行方は?

|50億ウォンを要求した事実は認める一方、脅迫に至った過程がビョンホン側の主張と違う点を訴えているという。まだまだ裁判は長引きそうですね

「イ・ジヨンとイ・ビョンホンは抱擁以上のことを交わすほどの深い関係だった」とした上で、「イ・ビョンホンがさらに深いスキンシップを要求し、それを断るとすぐに別れを告げてきた。

イ・ジヨンは心が傷ついて脅迫しただけで、初めから金銭目当てで近づいたのではない。すべての過程が初めから計画されていたものではなく、別れる過程で言い争いになり、事件になった」などと主張した。

検察と弁護人側は、事実関係を明確にするため、11月11日に行われる次回公判にビョンホンを証人として申請した。ビョンホンに対する証人尋問は非公開で行われる予定。

----------その後の裁判------------

ソウル中央地方裁判所によると、当初11日に予定されていたイ・ジヨンとダヒの2回目の公判が24日に延期されたという。

イ・ジヨンとダヒは先月16日、ソウル中央地方裁判所で行われた初公判に出廷した。2人は弁護人を通じて動画を口実にイ・ビョンホンに50億ウォン(約5億円)を要求した事実は認めたものの、その過程と経緯など具体的な内容は公訴事実と異なると主張。その後、数回にわたり、反省文を提出した。

1 2