1. まとめトップ

テレビで話題に!簡単なのに効果的なダイエット方法!運動なしでも寝転がる、ごろ寝で痩せやすい体質に!!

「魔女たちの22時」で紹介されたダイエット法が「寝転がりダイエット」。37歳の魔女が30kg痩せた方法をご紹介。寝転がりダイエットで使うストレッチ用ポール(ヨガポール)は買わなくても自分でも作れるので今すぐ簡単にはじめられますよ。このダイエット方法はリバウンドもしにくく健康的で簡単ですね。

更新日: 2015年05月13日

155 お気に入り 347181 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

テレビでも紹介され、話題の寝転がりダイエット

「ボンレスハム」と呼ばれるほど超おデブだったのに
ねっころがりダイエットで30キロ痩せた37歳の魔女~が
魔女たちの22時で紹介されました。

寝転がりダイエットの方法は超簡単♪

首や肩甲骨周りにある「褐色脂肪細胞」は、実はダイエットに関わる重要な細胞なんです。

この細胞を活性化させると余分な栄養を熱に変換してくれるので、筋肉を鍛えるより効率的にダイエットできます。肩甲骨の運動を行って、美しい体型を維持しているモデルさんが多いのもうなずけます。

モデルさんの間では肩甲骨の運動を行うとスタイルアップするというのは有名な話だそうです。

褐色脂肪細胞についてもう少し詳しく説明

■脂肪燃焼のため、褐色脂肪細胞を味方に付けよう!
脂肪燃焼の前にまずは脂肪そのものについて詳しくご説明すると、そもそも人間の体には、脂肪を燃焼してくれる細胞“褐色脂肪細胞”があります。
褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼するほか、エネルギーを放出し体温を上げてくれる働きをしてくれます。つまり、この褐色脂肪細胞がきちんと働いていると、脂肪が燃焼されすくなり、痩せやすい体になるのです!

また、それだけでなく、血液やリンパ液の循環も良くなり代謝が良くなります。その結果、むくみ改善にも繋がりると言う嬉しい副産物もあります。
この褐色脂肪細胞は、スタイルを維持するためにも、痩せやすい体作りのためにもとても大切な細胞なのです! しかし、成人になると量が減ってしまいます。
褐色脂肪細胞は幼児期には多く存在しますが、成人になるとその量は幼少期の約半分以下に減少してしまうので、わずかな褐色脂肪細胞に最大限活躍してもらうことが、美しいスタイルと太りにくい体作りには必要です。

■肩甲骨の可動域を広げるとスタイルをキープできる!
脂肪燃焼細胞である褐色脂肪細胞には、特に多く存在する場所があります。それは、首や肩甲骨周り。特に多く存在するのは、肩甲骨周りです。
よって肩甲骨周りを刺激し柔軟性を持たせ、可動域を広くすると、褐色脂肪細胞がスムーズに動きだし活発に働きだします。
すると、脂肪を燃焼する力が大きくなり、とっても簡単に痩せやすい体質になると言うわけです。

ストレッチ用のポールは2000円前後から売ってます。

ストレッチ用のポールは手作りでもOK

使っていない厚手のタオルケットを硬くロール状にして、ガムテープでクルクルっと数カ所とめたもの。ちなみに、これは 50cmくらいでした(^▽^;)

わざわざ買わなくても、工夫次第で代用OKです(^~^)

簡単に作れるし、不要になったらまたタオルケットとして使えるし手作りもいいですよね。

ガムテープ以外にもロープでまとめたりする人もいます。

ストレッチ用ポールの使い方の動画

ストレッチポールには様々な使い方がありますが、特にダイエットに効果的な肩甲骨を刺激する使い方を紹介します。

このエクササイズは、肩甲骨を柔らかくし、
前かがみで猫背になってしまった姿勢を本来あるべき状態にします。

エクササイズ方法:
①ストレッチポールに仰向けになり両手を天井に向けて伸ばします。
②手の位置はおへその方向にやや斜め。
③そのまま指先が天井に引っ張られるように腕を伸ばします。
④肩の力を抜きゆっくりと下へおろします。
この動きを繰り返していきましょう。
ポイントは指先やひじの力を抜いて肩甲骨がポールから離れたり、ポールに沈むようにおろしていきましょう。目安回数は10回です。

リラックスして肩甲骨周りの筋肉を緩め肩こりの原因、筋肉のこわばりを解しましょう。

このエクササイズは肩、肩甲骨の動きをよくしてくれます。

エクササイズ方法:
①手の甲、ひじを床につけたまま胸の横くらいまでゆっくりと開いていきましょう。
②開いたら、同じぐらいのスピードで基本の姿勢に戻ります。
③この動きを繰り返していきましょう。
④この手の動きに肩甲骨が体の中で動いているのを感じてください。
⑤これを5回ほど繰り返すだけでOKです。

このエクササイズは肩甲骨を動かしやすくします。

①両手を天井に向かって伸ばしていきます。
②肩の力を抜いて下にしずめましょう。
③この動きをくりかえしながら徐々に頭の上のほうまで移動していきます。
④それでは最初にやったところまで元にもどしていきましょう。
⑤今度は交互に行います。
⑥まずは右手を天井に向かって伸ばしていきます。
⑦このまま左側を伸ばしましょう。
⑧この動きを繰り返していきます。
⑨健康骨の動きを感じながら、肘をのばして小さく動かします。
⑩手をゆっくりと下ろし基本の姿勢に戻りましょう。

いかがでしたでしょうか?
ストレッチ用のポールにゴロゴロ寝ころがるだけのダイエット方法なら簡単にできて長く続けられそうですよね。
またこの方法はダイエットだけでなく肩凝りや腰痛にも効果的で、姿勢も良くなるので老若男女問わず誰にでもおすすめです。

1