1. まとめトップ

東京都心近郊でおいしいクジラが食べたい!鯨料理を出すお店特集

今や珍しい食材となってしまった鯨。高タンパク低カロリーで、古くから日本の食文化に根差してきた鯨を、東京都心近郊で今でも食べられるお店の紹介。

更新日: 2018年04月10日

10 お気に入り 37770 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

クジラ料理大好き筆者です。

moepapaさん

鯨(くじら)とは

クジラ(鯨、Whale)は哺乳類のクジラ目、あるいは鯨偶蹄目の鯨凹歯類に属する水生動物の総称であり、その形態からハクジラとヒゲクジラに大別される。

ハクジラの中でも比較的小型(成体の体長が4m前後以下)の種類をイルカと呼ぶことが多いが、この区別は分類上においては明確なものではない。

なんとびっくり、ハクジラ類の小型の物のことをイルカと呼んでいるようで、クジラとイルカって、厳密な区分じゃないようです。

クジラ類は生物分類上はクジラ目に属し、ヒゲクジラ亜目とハクジラ亜目に分けられる。ヒゲクジラ類は濾過摂食に適応し、小魚やプランクトンの様な小型の生物を主に食べるが、ハクジラ類は主に魚類やイカ類を食べる。

鯨肉の特徴

くじらの肉は、牛や豚のような畜肉に比べて低カロリーです。鳥のささみよりも脂肪分が低く、約半分!それでいてたんぱく質は他の肉もよりも豊富で、ダイエットの強い味方です。

くじらの肉には、抗疲労機能をもつアミノ酸「バレニン」が大量に含まれていることがわかっています。バレニンはくじらのパワーの源ともいわれています。まさにくじらは健康食品そのものです。
鉄分は、体温の維持、疲労防止、成長の促進など体にとって基本的な機能を高める効果のあるミネラルです。
女性に特に多くみられる貧血の90%は鉄分の欠乏によるもの。
鯨の赤肉には吸収されやすいヘム鉄が含有され、このような食材を摂取することは貧血の予防に役立ちます。

鯨料理提供店

東京都心近郊にある、おいしい鯨料理の食べられるお店の数々です。

まごの邸

赤坂にあるとにかく料理の豊富な居酒屋。圧巻の20種以上の鯨メニュー。定番の刺身やカツから、珍味の内臓系料理まで。

なかなか他では食べられないほどの豊富なクジラメニューの種類の多さです。

新鮮なクジラの赤身のお刺身です。にんにく、しょうがを添えていただきます。

すばらしいクジラ尽くしなメニュー☆
主に調査捕鯨のミンク鯨を使っているとのこと。

鯨の登美粋

すばらしいクジラの刺身や、クジラカツの数々が用意されています。

元祖くじら屋

珍しい鯨のテンプラ定食。鯨肉は火を通しても固くならないので、衣の歯ごたえと一緒に楽しめる逸品です。

1 2