アルコール依存症の末路、怖さを知ることも禁酒や断酒の助けになります。アルコール依存症患者の平均寿命は、50代前半、51歳とも52歳とも言われています。

これは直接のアルコール急性中毒といった症状で死にいたるのではなく、過剰摂取による「肝障害」「糖尿病」、それらに伴う合併症や欝、社会的に「生きにくくなること」からの自殺など本当に悲惨です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アルコール依存症の怖さを知る【禁酒、断酒、節酒に成功する秘訣①】

節酒や休肝日、禁酒や断酒を意識しはじめた方向け、まずは「読んだだけでお酒をやめたくなる」アルコール依存症についての基礎知識、その怖さについて身体的影響を中心にまとめてみました。アルコール依存症患者の平均寿命は50才とも。

このまとめを見る