2009年までに世界保健機構WHOの国際がん研究機関 IARCは、飲酒が原因で発癌する臓器は口腔、咽頭、喉頭、食道、肝臓、結腸・直腸と女性の乳房であり、アルコール飲料、飲料中のエタノール、飲酒と関連して発生するアセトアルデヒドの3つを、発癌物質と結論づけています。

出典久里浜医療センター| 情報ボックス アルコール 2.飲酒と健康問題 アルコールとがん

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アルコール依存症の怖さを知る【禁酒、断酒、節酒に成功する秘訣①】

節酒や休肝日、禁酒や断酒を意識しはじめた方向け、まずは「読んだだけでお酒をやめたくなる」アルコール依存症についての基礎知識、その怖さについて身体的影響を中心にまとめてみました。アルコール依存症患者の平均寿命は50才とも。

このまとめを見る