時々飲酒しているグループと比べると、男性では、アルコール摂取量が日本酒にして1日平均2合未満のグループでは、がん全体の発生率は高くなりませんでした。

一方、飲酒の量が1日平均2合以上3合未満のグループでは、がん全体の発生率が1.4倍、1日平均3合以上のグループでは、1.6倍でした。(なお、日本酒1合と同じアルコール量は、焼酎で0.6合、泡盛で0.5合、ビールで大ビン1本、ワインでグラス2杯(200ml)、ウイスキーダブルで1杯です。)

この結果をもとにして、平均1日2合以上のような多量飲酒に起因してがんになる、すなわち、多量の飲酒を避けていれば何らかのがんにかからなくてすんだ割合を推計したところ、13%でした。

出典飲酒とがん全体の発生率との関係について | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究グループ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アルコール依存症の怖さを知る【禁酒、断酒、節酒に成功する秘訣①】

節酒や休肝日、禁酒や断酒を意識しはじめた方向け、まずは「読んだだけでお酒をやめたくなる」アルコール依存症についての基礎知識、その怖さについて身体的影響を中心にまとめてみました。アルコール依存症患者の平均寿命は50才とも。

このまとめを見る