1. まとめトップ

【MLB】オスカー・タベラス事故死・・・【球界に激震】

来季にもカージナルスの主軸を担うことが期待された超有望プロスペクト、22歳の若さだった。

更新日: 2015年06月02日

1 お気に入り 12617 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

positibraveさん

▽10月26日(2014年)、故郷へ向かう途上プエルト・プラタ(ドミニカ)で交通事故に巻き込まれ、死去。恋人も亡くなった。

▽有望株ランキングでは、MLB全体で3位の超有望株だった(MLB.com)

セントルイス・カージナルスというチームは、ファームでの若手育成に定評があり、過去にはアルバート・プホルス(現エンゼルス)やヤディアー・モリーナ(現カージナルス)など、中南米出身のスター選手を輩出してきた歴史があります。

 タベラスも彼らと同じく順調に成長し、2011年にはマイナーのシングルAで打率.386をマークして首位打者を獲得。さらに2012年には、ダブルAのテキサスリーグで打率.321・23本塁打・94打点という群を抜いた成績を残し、MVPに輝きました。しかもタベラスは、積極的に打つバッターにもかかわらず、三振が少なく、将来の3番候補として期待されています。

 マイナーではセンターを守っていますが、いずれは強肩を生かしてライトに定着するのではないでしょうか。今シーズンの終わるころには、メジャー昇格も十分にあるでしょう。カージナルスが生んだドミニカの大スター、プホルスの後継者になりうる存在だと思います。

※アルバート・プホルス(現エンゼルス)
G159  AVG.272  OBP.324  SLG.466 HR28 RBI105 SB5 WAR3.3
主要タイトル: NLMVP(05・08・09)
        首位打者(03)
        HR王(09・10)
        打点王(10)
2000年代最強の打者。
さすがにピーク時から比べると落ちたが、今季は通算500HRを達成。
殿堂入り確実の大選手。

▽打撃ツールの評価は、マイナーでナンバー1だった

強靭な上腕と手首で、非常に速いバットスピードを産み出す。
ハードコンタクトが上手く、フィールドのあらゆる方向に打ち返す。
スカウトは、彼を将来の打率3割常連として見ており、首位打者の可能性を感じている。

▽有望株ランク付けサイト一覧

▽14年はデビュー2打席目でHR、プレーオフでもHRを放ち勝利に貢献と来季への飛躍が期待されていた。

◎デビュー戦でのHR

◎タベラス 2014年ハイライト

▽各所から哀悼の言葉が

◎ MLBコミッショナー バド・セリグ

今夜、野球界は悲しんでいる。
重い心で、タベラスとその恋人をしのびつつ、我々はワールドシリーズ第5戦を戦わなければならない。
MLBを代表して、彼らの家族友人、カーディナルス、チームメイトにお悔やみ申し上げる。

◎カーディナルス・チェアマン ビル・デウィット・ジュニア

彼には、とてつもない才能の持ち主で、明るい未来が広がっていた。
彼の時代が来るはるか前に、我々は彼を奪われてしまった。

デウィット筆頭オーナーはタベラス氏がかつてプレーした故郷・ドミニカ共和国の球場を改装し、名前を「オスカー・タベラス・フィールド」とすると発表

▽タベラスの死去で、カーディナルスのチーム編成に影響も・・

ジェイ、グリチャック、ボージャス、ピスコッティ、そしてタベラスとRF/CF候補が多数いたたため、タベラス死去前はトレードでの外野放出がうわさされていた。

▽タベラスの後釜にはヘイワードを補強

▽15年のカージナルスユニフォームにはタベラスのワッペンを着ける

1 2