1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「電気グルーヴ」 結成25年でも仲よし過ぎてなごむ

結成25周年を迎えた電気グルーヴ。音楽的な実力はもちろん魅力であるが、この二人の空気がとってもいいんです。

更新日: 2014年10月28日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
342 お気に入り 247631 view
お気に入り追加

25周年を迎えた電気グルーヴ

「25」発売日の10月29日には25周年記念ツアー「塗糞祭」の公演初日を迎える

電気グルーヴの節目を祝うべく今回は、初期メンバーであるCMJKと砂原良徳、盟友とも言うべきスチャダラパーが全公演に参加

電気と言えば何と言っても「仲良しエピソード」が微笑ましい

「お前こういうの好きだろ」「好きだよ」「だから好きっていってるじゃん(笑)」「こういうのが長続きの秘訣ですよ」と滲み出る仲良し感が微笑ましかった

でもずーっと、僕すごいいいエピソードで、瀧さんがまあラジオとかもよくやられていてて。それを卓球さんがすごい聞いているって

それぞれ好き勝手やっているように見えても、基本、人生の頃から変わってませんし。本当に仲良しですよねw

(ピエール瀧)卓球くん、だってライブもやった後、DJもやったんですけど。DJ終わった後、『ミヤマクワガタつかまえた!』って

ただし、やってることは結構めちゃめちゃ

2人の過激なトークと投稿ハガキの質の高さから番組の人気は徐々に上昇

最初はこの2人は「お笑いコンビか?」と思っていたのも失礼な話だが、それくらいおもしろいトークが毎週2時間繰り広げられていたものだ

日本の音楽界で、“アルミ箔”を歌詞にフィーチャーした人はいないでしょう(笑)。“アルミ箔”に対して別に思い入れはないけど、たまたまこの単語が目に入って、それをピッタリ使えたのが良かったです(笑)

イヨマンテの夜って歌があるんだよ。それを歌いながら、あいつら!先に伝家の宝刀。フリチンになって歌い出したんだ!

浅草キッドとの出会いともなった飲み会のときの出来事

まぁ放送できないことと言ったら、まぁできないんですよ。放送できないっていうより、意味が無い。お互い、普通のコトを言うたびに、卓球くんが『言葉の語尾に全部、"ゲルゲ"をつけてくれ』って言い出して(笑)ずっと、『そうゲルゲ』って言ってる感じ(笑)

伊集院光さんが語った飲んだ時の話。

石野さんは静岡学園時代、パジャマ姿で登校とかしていたらしく、規律の厳しいと噂される静岡学園内でも結構破天荒な人物だったようです・・・

勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らす様になり、妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の作文を書き、コンクールで入賞している。

小室哲哉所有のフェラーリに、自身の性器をなすりつけ「ここから腐るぞ」と言った

「楽器の弾けないミュージシャン」を公言しており、ステージにおいてかつては殿様やドラえもんの衣装で登場したり、最近のライヴステージでは着ぐるみを着て踊っているだけだったりする

偶然スポーツ新聞で目にした「NOKKO、SHAKEと婚約」という意味のわからない見出しに衝撃を受け、さすがに人名だとわかる名前にはしておこうという事から現在の芸名となった

番組内で、「電気グルーヴのなかで瀧さんは何の担当なんですか?」と聞かれ、「瀧です。」と答えたことから瀧の担当パートは「瀧」とクレジットされている

ライブ中に相次いで複数のTwitterから
お客さんが3人しかいなかったというつぶやきが。
しかし、これお客さんぐるみの「いたずら」だったという。

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう