1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

コミュニケーション能力が向上する魔法の言葉「たちつてとなかにはいれ」ってナニ?

特にビジネスシーンで求められるコミュニケーション能力「雑談力」。しかし"話すネタ"がないので会話・雑談が苦手(嫌い)という人も多いかと思います。ここでは、"話すネタ"のヒントになる「たちつてとなかにはいれ」を、実際の使用例と共に見ていきます。

更新日: 2016年02月12日

218 お気に入り 47707 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

springspringさん

-特にビジネスシーンで求められるコミュニケーション能力「雑談力」

-"話すネタ"がないから会話・雑談が嫌いな人はどうすればいい?

「たちつてとなかにはいれ」とは会話の基本となる合言葉

福田健が著書『人は「話し方」で9割変わる』で提唱した。

初対面の人との会話に困ったら・・・「たちつてとなかにはいれ」「た」食べ物「ち」地域「つ」通勤「て」天気「と」冨「な」名前 「か」体「に」ニュース「は」はやり「い」異性「れ」レジャー

というわけで、あなたのコミュニケーション能力を向上させる「たちつてとなかにはいれ」。実際の使用例と共に見ていきましょう。

【た】食べ物 《例》 飲食店/話題の商品/好きな(嫌いな)食べ物

誰もが引き出しを持っている「食べ物」の話題。おすすめの飲食店について聞くでもよし、話題の商品について語るでもよし、好きな(嫌いな)食べ物談義に花を咲かせるのもよいかもしれません。質問もしやすいので、万能な会話・雑談ネタと言ってよいでしょう。

《会話例》「この辺で○○さんのオススメのラーメン屋さんがあったら教えてください! 」

出典「たちつてとなかにはいれ」

【ち】地域 《例》 出身地/取引先企業の所在地/旅行に行った先

出身地は地方、都道府県レベルであれば、もちろんプライバシー情報にはあたりません。もし自分が旅行したことのある地域であれば、会話も弾むでしょう。また、普段からテレビやインターネットで知識や情報を仕入れておいて損はありません。

《会話例》「〇〇さんは京都のご出身ですか?私も毎年秋に、京都へ旅行に行くんです。紅葉が素晴らしいですよね」

出典「たちつてとなかにはいれ」

北海道出身ですって自己紹介で言うだけで会話のネタになるからこの出身地いいわ

【つ】通勤 《例》 通勤経路/通勤時間/通勤手段

都市部では電車で通勤している人も多いでしょうが、車で通勤している人もいますし、中には自転車や徒歩・ジョギングしながら通勤している人もいます。自分以外の人の通勤手段や通勤状況を聞くのも案外面白いものですよ。

《会話例》「いやー、通勤で田園都市線を利用しているのですが、ラッシュがすごくて大変です」

出典「たちつてとなかにはいれ」

通勤の話題は最終的にウチの地元路線の方が混んでる自慢合戦になるので気をつけましょう

【て】天気 《例》 今日の天気/週間天気/温度/湿度

「いよいよ朝晩寒くなりましたね」といった天気や天候の話題は、雑談の定番としてもっとも多用されるもので、万能な話題です。天気・天候の話題はビジネスパーソンとしてのたしなみと言っても過言ではないでしょう。

《会話例》「今週はずっといい天気が続くようですね。〇〇さん、週末どこか行かれるんですか?」

【と】富(=景気) 《例》 景気動向/業界の景気/消費税

タクシーの運転手さんとの雑談で「景気ネタ」を聞く人も多いのでは?業界が違えば、他の業界の状況を聞くことにより、ちょっとした情報収集にもなります。

《会話例》「〇〇さんの業界は、景気はどうでしょう?アベノミクスの恩恵は受けていますか?」

出典「たちつてとなかにはいれ」

【な】名前 《例》 自分の名字・名前/相手の名字・名前

自分が珍しい名字であれば、相手のほうから質問してくるはずです。「分からないんですよね~」と答えていた人は、ぜひ由来を調べてみましょう。また、名字だけでなく、初対面であれば、名刺交換した際の名刺の情報を用いて、会社のロゴマークや社名の由来を尋ねることもできます。そして、相手の苗字が珍しければ、出身地を尋ねてみるのもよいかもしれません。

《会話例》「〇〇さん、珍しい名字ですが、ご出身は四国ですか?」

出典「たちつてとなかにはいれ」

そう、珍しい苗字だと初対面の人と話題になるのは助かる。というかそれしか会話のネタがない

1 2