1. まとめトップ
  2. ガールズ

旬顔になれる引き算メイク

今時濃いだけのメイクはNG。
一箇所だけ引き算することで、抜け感がでて旬の顔になれるんです!

イマドキおしゃれ女子の主流は、ガーリーよりもちょっぴり引き算した美人メイク。
大人の雰囲気をちょっと醸し出す、キメすぎていない美人メイク。

「引き算メイク」とは、メイクの焦点を絞り、メリハリをつけること。

引き算メイクのポイント

まず「引き算メーク」=薄いメークではありません!

手抜きではなくしっかりとメイクをしていても自然に柔らかく見せるメイク。
ベースメイクを薄くキレイに仕上げることと、色の選び方がポイントです。

最新のトレンドは2点盛りメイク。
「ヌケ感がありつつもしっかり盛る」のがカワイイの新定番♪

1点盛り、2点盛りの法則を守ると簡単に旬顔に!
どこを目立たせたいか、ポイントになる場所を決めてからメイクをすると引き算メイクがやりやすいです☆

アイメイクをしっかりしたいときはチークもリップも薄め。
リップをメインにしたいときはアイメイクもチークも薄め。
こんな感じで引き算メイクを楽しんでみてください♡

アイメイクで引き算!

まずはいつものメイクから引き算すべきはシャドウ!
ベージュシャドウを選んで、目元に自然なツヤを出す程度にしましょう。
アイラインはブラックではなくブラウンで、柔らかく。

パールの入った薄いブラウン系のアイシャドーをまぶたに軽くのせる程度にしておきましょう。

定番は3~4色を使ったグラデシャドウメイクですが、今回の美人顔で使うのは2色。まずは、落ち着いたベージュ系のパール入りシャドウをベースに。ブラシを使ってアイホール全体にのせていきましょう。
次に、二重幅分には少し濃い目のブラウンシャドウを塗っていきます。
どちらも目元のシェイプに合わせた、アーモンド形を意識するとキレイに仕上がりますよ。

出典ameblo.jp

目元はアイラインをしっかりいれるだけで大きい目元を演出できるのです。

アイラインはできればペンシルタイプをセレクトし、まつ毛の生え際にしっかり塗り込む。まつ毛とまつ毛の隙間が埋まっていれば大丈夫です。

目をぱっちりさせようとアイラインを黒ではっきりしたものを上下ともに乗せていると少し強い印象になりますよね?それを上は濃いブラウン、下はラメ感のある淡いブラウンのメークに変えると、涙袋が強調され目はぱっちりしているけれど柔らかい印象になります。

出典ameblo.jp

あえてNOアイシャドウ、NOアイラインでまつげだけを際立たせてみましょう。
くるんとカールさせてマスカラを塗れば上品な目力が!
物足りない場合はインサイドラインを入れて、
こっそり目力を足しましょう。

メイクが濃いか否かが現れやすいパーツでもあるので、アイシャドウなどは使わずに

マスカラでまつ毛の存在感のみを目立たせ、他の部分はすべて引き算メイク。

出典ameblo.jp

ファッションによっては、マスカラが重く感じてしまう場合も。
そんなときは、マスカラを引き算してみましょう。

出典ameblo.jp

上まつげだけマスカラつけて
下は何もしないメイクにはまってます
上をぱっちりとしても
下をやらないだけで
ナチュラル感がぐぐっと上がるからすき
ヌケ感、ってやつですな

下まぶたのメイクがないと、ホッペがその分大きく見える気がしてイヤだったんだけど、意外としてなくても気がつかれないの。

チークで引き算

出典4meee.com

チークは色ではなく「ツヤ」を重視して!
顔なじみのいいベージュカラーを選ぶか、ハイライトをちょっとのせる程度でOK。

チークの色味を抑えると、自然で健康そうな肌を演出してくれるのです♪

普段メイクが濃いって言われる子も、色よりツヤ感を意識することで大人っぽい印象になれますよ♡

ハイライトパウダーを、チークの上下を囲むよう「こ」の字に塗ると、境目をぼかせる&頬の綺麗な肌が引き立って透明感UP。
ピンク系ハイライトを下側に使うことで、コケがちな頬をふっくら見せる効果もあります。

1 2





メイク、美容、トレンド、健康関連についてまとめています。
女性向けです。

このまとめに参加する