一般的勧告 35(2013)「人種主義的ヘイトスピーチと闘う」に照らしても、委員会は人種差別的ヘイトスピーチの監視及び撲滅の方策が抗議の意思の表明権利を取り上げる口実となってはならないと認識している。しかしながら委員会としては、人種差別的ヘイトスピーチや憎悪犯罪からの保護を必要とする社会的弱者グループの権利を擁護する重要性を、締約国にリマインドする。

出典国連人種差別撤廃委員会から日本への勧告素案 (日本語­訳)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ヘイトスピーチ】国会議員と法学者が国連勧告を故意に捻じ曲げて解釈していた疑いが浮上

有田芳生参議院議員、前田朗氏のネットテレビでの主張にTwitterユーザーより、重大な疑問が出されました。

このまとめを見る