1. まとめトップ
  2. カラダ

痛くて動けない、、つらい筋肉痛をできるだけ早く治す方法

筋肉痛があると、体が痛くて動くのが辛くなります。そんな筋肉痛の原因とできるだけ早く治す方法をまとめました。

更新日: 2014年10月28日

314 お気に入り 953702 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

manuronaldさん

つらい筋肉痛

おとといのソサイチのおかけで、 未だにまともに歩けへんくらい筋肉痛です。

足の付け根が筋肉痛で通常のスピードの8割がMAX

筋肉痛がおこる原因は謎が多い

意外なことに、現代医学でも筋肉痛がなぜ起こるのかというメカニズムについてはまだ完全に解明されていない

筋肉の中には乳酸などの疲労物質が溜まってくることが分かっています。この溜まった疲労物質が痛みを起こす、というのが筋肉痛発生の原因の一つ

原因には諸説あるようですが、筋肉の損傷が原因と思われがちですが、多くの場合、筋肉に生じた過緊張が原因

練習中や競技中に生じた突然の激しい痛みは、筋肉損傷が原因のこともある

未だにわかってないことも多い

そんな筋肉痛をできるだけ早く治す方法

1、風呂に入る

冷たい水と熱いお湯とを交互に浴びることにより、末梢血管が広がるため筋肉痛が緩和すると言われています。

冷水と温水を交互に筋肉痛の起きている場所に洗面器でかけるというようなことをすると効果的です。あまり何度も繰り返すと疲れてしまいますので、10回ずつくらいすれば十分

「熱いお湯のお風呂に入って温める」という人もいますが、これでは筋肉痛対策としてはほとんど意味がありません。

2、軽い運動を行う

軽めの有酸素運動がいいとされます。
有酸素運動をすることで、血液の循環がよくなり、溜まった乳酸を放出しやすくなります。

回復しつつある筋肉(大体72時間で回復します)を痛めてしまうような激しい運動はしない

3、ストレッチを行う

血液の流れが悪くっているので筋肉痛になります。なので筋肉痛を治すのにストレッチをするのは効果があります。

あくまでも血液の流れをよくして筋肉痛をよくするのが目的です。なので無理をしないでゆっくり時間をかけてやって下さい。またやりすぎは余計に悪化するので注意

筋肉痛がおこっている部位を行うといいです。

4、クエン酸を摂取する(黒酢がオススメ)

筋肉痛の原因で乳酸がありますが、その乳酸を溜めないようするのにクエン酸というものがあります。

1 2