1. まとめトップ

女性がやってしまう3つのミステイク!スポーツジムに通う女性にアドバイス。

最近ジムに行くんですがトレッドミルだけやってる女性の人が多いことに気づきました。でもせっかくマシンやウエイトがあるのにそれってどうなの?と思いまとめてみました。

更新日: 2014年10月28日

紅の鮭さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 44954 view
お気に入り追加

ジムに通う目的が男女では違う!

ジムに通う多くの男性は「より大きく!」「より強く!」「よりたくましく!」というのが主な目的でしょう。

女性は「痩せたい」が一番大きな目的ではないでしょうか。

男って単純…

男性がやりがちなミステイク

トレーニングを自分では扱いきれない重量かつ正しくないフォームで行っている。
周りに誇示したい気持ちはわかりますがそれは間違いです。

男って見栄っ張り…

では女性がやりがちなミステイクとは?

こんなスーパーボディになるには?

ミステイク① 上げるウエイトが軽すぎる

軽いウエイトをちょっと持ち上げただけで「ムキムキになる!!」と恐がってませんか?

そんな簡単になれるわけないのです。

女性には「大きくなりたくない!」って固定観念が強すぎるようです。

実際筋肉をつけて体を大きくすることは男性でも厳しいことなんです。
男性は女性に比べてテストステロンレベルが高いというアドバンテージがあるのにも関わらずです。

つまり、女性が体を大きくするのには意図的に多くのカロリーを摂取しトレーニングをしなければ達成できないことなのです。

増量に苦しむ女性アスリートも多いそうですよ。

全般的に進歩的な負荷でウエイトを持ち上げることは、あらゆる彼女が望んでいる「トーン」なボディを達成するために最も効率的な方法です。

「トーン」なボディとは適度な筋肉量で体脂肪の低いスマートな体のこと。

モデルのような痩せすぎている体型は厳しいダイエットからくるものです。

そのような人は筋肉をつける必要があるでしょう。

個人的にはガリガリよりは筋肉質の女性の方が好きです。

ミステイク② 有酸素運動のやりすぎ

ウエイトを上げることよりも有酸素運動に集中しすぎてないですか?

実際あまりにも多くの有酸素運動は、あなたの目標に逆効果になるでしょう。

女性にとって筋肉量を維持・構築にするだけで十分ハードであり、それに加えてウォーキングやバイクなどの有酸素運動をすることは、それがより難しくなります。

軽量級の女性パワーリフティングの選手の体格と比較してみて下さい。
リフターは無駄のない、格好の良い「リーン」な体です。

トレッドミル中毒ではだめなのです!

確かに必死でトレッドミル走ってる人でスタイルいい人見たことないかも…

ミステイク③ 鳥の餌のような物を食べている

このことはジムでのミスとは言い難い。
だけどトレーニングと栄養学は手と手を取り合っているんだ。
女性はあまりにも栄養学について知識が不足している。

体は筋肉組織を修復するタンパク質をたくさん必要とし、不飽和脂肪は良い肌とホルモンの健康の為に必要不可欠です。

男性と比べ女性は低炭水化物、高タンパク質、高脂肪の食事の方が良い結果を取得する傾向があります。

女性でもプロテインを!

最後に総括!

ウエイトを上げることにフォーカスし、栄養について正しい知識を取得し、トレッドミルにエネルギーを無駄に使うことをやめる。

そうすることであなたの体型はどんどん変化し驚かれることでしょう !

1





紅の鮭さん

玄人好み。
一般層無視(笑)