冠水・豪雪などの災害時は配線・復旧などの作業ができない。
架空地線(避雷線)の存在が無くなるため、沿道の通行人や建築物への落雷の危険性が増す。
電柱に設置されていた交通標識、交通安全や防犯のための電柱幕、電灯、信号、防犯カメラ、防災無線や街頭宣伝放送等のスピーカー、津波対策の標高表示板、避難場所誘導標識、住所表示、電柱広告、携帯電話基地局、公衆無線LAN、避雷針などは別の場所に設置する必要がある。

出典電線類地中化 - Wikipedia

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ごちゃごちゃして汚らしい?風情がある?電柱の是非と電線地中化計画

日本は先進国でありながら、電線が地中化されておらず、空中に張り巡らされていることで外国人から評判が良くないようです。ただ、東京五輪開催を契機に、電柱を撤去し、電線地中化を推進し、空中電線を無くすことで景観をスッキリさせようという計画が始まっています。

このまとめを見る