1. まとめトップ

ボコボコにやられた
 書状が送られた直後、馬場会長の直筆サインが入った別の書状がふたたび関係者に送られる。そこには、前の書状は与(あずか)り知らぬもので、若頭を「絶縁」するとあった。ヤクザの世界では、最も重い処分である。

 そして、翌朝、冒頭の占拠騒ぎが起きる。「神戸」傘下の山健組健竜会幹部が約50人を引き連れて会津小鉄会本部に乗り込むと、中にいた組員を蹴散らしてしまったのだ。路上では、山口組寄りと見られる組員が携帯で怒鳴る。

山口組傘下の弘道会幹部2人が会津小鉄会本部にやって来たんですわ。そこで話し合われたのが、会津小鉄会の後継者問題やった。馬場美次会長は昨年8月に詐欺容疑で逮捕されており、法廷で六代目会長からの引退を表明しとる。弘道会の2人は、それを催促しにいった。若頭に対して、早う跡目を決めんかと迫ったわけです」

 もともと山口組は高山清司若頭が馬場会長の「後見人」という立場にある。しかし、独立した組織に乗り込んでトップ人事に口を挟んだのは、どうしてなのか。

名古屋市東区で2013年秋、自営業の女性(51)が自宅マンション前で複数の男に足をめった打ちにされる事件があり、愛知県警は指定暴力団山口組弘道会系幹部らが集団で襲ったとして、これまでに4人を傷害の疑いで、4日には指示役の組長を同容疑で逮捕した。5人はいずれも否認しており、県警は動機や背景を慎重に調べている。

 新たに逮捕されたのは、弘道会系組長の星野克也容疑者(46)=同市南区。

 県警によると、女性は13年10月4日午前0時40分ごろ、自宅マンションの階段付近で、男2人に鉄の棒のようなものでひざから下を何度も殴りつけられ、すねなどの骨が折れて1年5カ月の大けがを負った。2人は目出し帽をかぶり、待ち伏せしていたという。

加護容疑者は暴力団との関係が深く、当局が密接交際者認定していたという情報も 引退も選択肢と考え・

同容疑者をめぐっては、別のトラブルもささやかれている。

「架空の投資話を持ちかけられ、大金をだまし取られたという話をよく耳にする。返金を迫ると、暴力団を使って脅してくるのが彼のやり方。現在、その脅し役を担当していた組員にも逮捕状が出ており、当局は行方を追っている。今回の事件は氷山の一角ですよ」(別の捜査関係者)

 加護とは無関係とはいえ、コンプライアンス(法令順守)が叫ばれるこのご時世、夫が密接交際者となれば、テレビはおろかすべてのメディアで加護は敬遠されることになるだろう。芸能プロ関係者は「タレント活動を再開するなら、離婚するしか手はない。すでにそのことは彼女も考えているだろう」と話す。

出資法違反の疑いで夫の会社役員に逮捕状が出ている元モーニング娘。のタレント、加護亜依が28日、自らの引退の可能性も示唆した。

私には内容や詳細は判りませんが、先程、真実をハッキリさせて来るという事で、出頭致しました」と、夫が出頭したことを報告した。

 これまでも様々なハードルを越えてきた加護だが「Girls Beat!!」の活動も含め「今後どうしていくかを考えております」と今回の件で受けたショックの大きさをうかがわせた。

 「ただ、一方では芸能しか知りませんし、再起して芸能をやっていきたい気持ちもあります」と、芸能界に未練を残しながら、「これから活動を続けたとしてもどんな意見があるかも分かりませんし、今後の生活の事も考えないといけません」と、待ち受ける逆風の大きさを分かってもいる。

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する