1. まとめトップ

玉森裕太&西内まりや映画『レインツリーの国』実写化・有川浩・キャスト・あらすじ・試写会・ネタバレ

2015年11月21日公開の映画『レインツリーの国』キャスト・あらすじ・感想・グッズ・試写会・ロケ地・原作など。Kis-My-Ft2の玉森裕太が映画初主演を果たす。ヒロインは西内まりやが演じる。主題歌はキスマイの新曲「最後もやっぱり君」(11月11日発売)

更新日: 2015年11月21日

16 お気に入り 312836 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyantamaさん

キスマイ玉森裕太、純愛映画で初主演!有川浩「レインツリーの国」

Kis-My-Ft2の玉森裕太が、有川浩の同名小説を実写化する2015年公開の映画『レインツリーの国』で映画初主演を果たすことが明らかになった。玉森はヒロイン・ひとみ(人見利香)に恋をするサラリーマン・向坂伸行を演じる。ひとみ役を務めるのは玉森と初共演で、実写映画初出演のモデル・西内まりや。

玉森は、「素直にすごく嬉しかったです。映画の主演を任されるのは初めてなので、気合いを入れて臨んでいます」と意欲をみなぎらせる。「すごく真っ直ぐなふたりの恋愛を描いた温かい映画なので、見てくださる方にキュンキュンしていただきたいし、ふたりの恋を応援していただけるように頑張りたいと思います」と抱負を語った。

レインツリーの国 グッズ♡ クリアファイル マスキングテープ ブックカバーポーチ タオルハンカチ ブックマーカー パンフレット pic.twitter.com/5eQetGSsXw

登場人物・キャスト

主人公。実家は美容院。根っからの関西人で、たまにすごくキレることがある。高校の時、父親を脳腫瘍で亡くしている。中学生の頃に読んだライトノベル『フェアリーゲーム』の感想をインターネットで探していて、「レインツリーの国」というサイトにたどり着く。
伸行自身は『フェアリーゲーム』の終わり方に納得がいかず、『フェアリーゲーム』の話になると熱くなる。ハンドルネームは『伸(しん)』。この読みは利香がつけた。
雑誌『ダ・ヴィンチ』2009年5月号の「有川浩徹底特集」における「有川ワールドなんでもランキング」の「好きなカップルBEST10」では、利香とともに第10位。

実直で男気のある主人公を演じる玉森は、役柄について「真っ直ぐで、思ったことをはっきりと言う人で、僕とは正反対(笑)。また、サラリーマン役は初めてなので、友達にどんなことが大変なのかを事前に聞きました」と役作りのイメージをふくらませる。

初共演の西内とは「僕は人見知りするタイプですが、西内さんはとても明るい方で、気さくに話しかけてくれるので、楽しく共演できています」といい、「すごく真っ直ぐな2人の恋愛を描いた温かい映画なので、観てくださる方にキュンキュンして頂きたいし、2人の恋を応援して頂けるように頑張りたいと思います。映画の完成を楽しみに待っていてください」と期待を煽っている。

「レインツリーの国」の管理人。高一の時、両親との登山中に滑落事故に遭い、両耳とも感音性難聴になってしまい、補聴器をつけている。そのため、他人に補聴器が見えないように髪を伸ばしている。『フェアリーゲーム』の読者で、その終わり方に対する考えに共感した伸行とメールをやり取りするようになる。伸行と会って、健聴者に対する考え方が変わっていく。ハンドルネームは「ひとみ」。

人に言えない秘密を抱えたヒロイン・ひとみ(人見利香)を演じる西内は「映画に出演することは目標だった」と喜び、「過去の出来事によって内向的になっているひとみが、一人の男性に出会っていろんな勇気をもらい、一つずつ壁を乗り越えていく姿や、周りの方の優しさや想いを受け入れて成長していく姿を大切に演じていきたいと思います」と力を込める。

あらすじ

向坂伸行(玉森)は、中学時代に大好きだった「フェアリーゲーム」という本について何気なくネットを検索したところ、“レインツリーの国”というブログを見つける。そこに書いてある感想に共鳴した伸行は管理人のひとみ(西内)にメールを送り、ネットを通じて繋がった2人。伸行はひとみに会いたいと思うようになるが、頑なに会うのを拒む彼女には、人には言えない秘密があった…。

『レインツリーの国』(レインツリーのくに)は、新潮社より出版されている有川浩の小説。もしくは有川浩著書の『図書館戦争』シリーズ第二弾(『図書館内乱』)中に出てきた架空の小説。もともとは劇中劇だったものを著者が作品化した。

内容(「BOOK」データベースより)
きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。まして、ネット内時間は流れが速い。僕は、あっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。だが、彼女はどうしても会えないと言う。かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある理由があった―。

関連ツイート(↑新)

玉森裕太主演『レインツリーの国』 プロモーション映像 劇場予告編公開! gyao.yahoo.co.jp/#/p/00898/v016… ロングバージョンでキスシーンもあり pic.twitter.com/tGrdr9WTpA

西内さんはひとみ役には綺麗すぎるんじゃないかというご心配の声がありましたが、ご安心ください。 たいへん自然に野暮ったかったです(笑) めんどくさいことばっかり言っててうじうじしててイラッとするところもたいへんリアルでした☆(有川浩)

昨日は『レインツリーの国』の試写でした。 玉森くんは関ジャニの人でしたっけ? というくらい関西弁がこなれてました。 ベタベタじゃない自然な関西弁でした。 本当に努力されたんだなぁ……お芝居も誠実。とても自然で、どこにでもいるフツーのサラリーマンでした(^_^)(有川浩)

レインツリーの国主題歌が「最後もやっぱり君」ってタイトルだけで期待しちゃうんだけどつんくさんのコメント見て尚更だよね。 pic.twitter.com/jEoaS3b4iA

めざましテレビ Kis-My-Ft2玉森裕太主演「レインツリーの国」 もう一回…キミとの糸が繋がりますように pic.twitter.com/7TAENwSh7h

キスマイ玉森裕太主演『レインツリーの国』7月11日(土)より前売券販売開始! ・ムビチケカード一般ペア2800円 ・購入者に先着、数量限定でチケットホルダーをプレゼント ・TOHOシネマズでは前売券購入者向けのキャンペーンを実施予定 pic.twitter.com/57gNAbrzmY

1 2 3