個人情報を特定するマイナンバー制度は、ユダヤ人を隔離した政策であるナチス・ドイツの政策に類似しています。最初に登録だけをさせておいて、後から資産を没収するなど別の用途で個人情報を利用するのです。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

マイナンバーの危険性!「徴兵制度の復活」「預金封鎖の準備」で個人の権利・自由の制限!プライバシー侵害

マイナンバー制度で、徴兵制の復活、預金封鎖の準備、所得の把握など、個人の権利を侵害する事が政府の内部で検討されています。個人の所得、資産状況などを細かく把握して、その後の国家が全ての個人を管理する「全体主義」「共産主義化」「国家総動員」に向けて権力を強めるのが狙いと見られています。

このまとめを見る