1. まとめトップ

モンスターペアレントの事例と対処法

モンスターペアレントの定義からクレーム実例の記事、自分がモンスターペアレントかもしれない時や自分の母親がモンスターペアレントだった話まで、色々とまとめました。

更新日: 2014年10月31日

6 お気に入り 276818 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Four-Colorさん

何をやったらモンスターペアレントと呼ばれる?

モンスターペアレント(モンスター親)と呼ばれる存在が話題になっています。

まずはモンスターペアレントの意味とその実態を、事例を交えて紹介します。

自己中心的な理由から、学校・教職員に対して非常識で理不尽な要求を突きつけてくる保護者。
いわゆるクレーマーの一種。

本来ならば児童の自助努力や親同士、コミュニティ間で解決が図られるべき事柄に対しても、一方的に学校に対応を押し付けようと圧力をかける。

過保護をさらに上回るようなクレームを付けるとモンスターペアレントと言われている人たちになるようです。

略してモンペア、モンペとも。モンペて・・・。

どんなクレームなのか、実例を紹介します。

本当にあったモンスターペアレント

朝、保育所へ向かう車の中で、子供が大便をした。
保育所からはオムツを交換してくるよう言われているが、オムツ交換で会社に遅刻したら賠償してくれるのか!

えぇ・・・

用もないのにフラフラと学校へ来る。

窓から侵入して授業妨害。

我が子のいじめで登校拒否している同級生宅へ親子で赴き脅迫。

警察呼ぼう。

喫煙がばれて有名私立中学校を退学処分になった男子生徒の両親

「ONE PIECE」の作者の尾田栄一郎氏と発行元の集英社に損害賠償を求めて提訴

「息子が煙草を吸うようになったきっかけはサンジの真似をしたから」

「『ONE PIECE』に息子の人生を台無しにされた」と主張

本人本気でそう思ってるんだろうなぁ。

子供が同じクラスの子を噛んでしまったが、
保育士が相手の親にわが子の名前を伝えていた。こんなことがあってよいのか!

意味がわかりません。

中2のクラスを受け持つA先生のフェイスブックに、生徒の親が友達申請をしてきた。

「プライベート専用なので」とA先生が丁重に断ると
生徒の親は「冷たい先生や!」と大激怒。

ツイッターやブログで冷血人間!キ◯ガイ先生!淫行教師!
といった暴言で、学校に無関係な人までも煽動し、A先生をネットで攻撃。

A先生は大騒動に発展した事態を収めるために、
親や生徒に陳謝し、フェイスブックを退会する。

いやこれ犯罪ですよね。

なんというか、親の頭の中身が子供。

モンスターペアレントについては、我が子をかばうあまりに理不尽な要求をしてくるもの、と思っていましたが。

理解不能なものが結構多いです。

事例を探している内にすごい話を見つけました。

誘拐された

小学生のころ、同学年の児童(顔と名字は分かるが話したことはほぼない)の親に 車で隣の県まで連れて行かれて放置された。

たまたま親切なおばちゃんが声かけてくれて交番→警察署→パトカーで自宅へ 帰れたけど、下手すれば死んでたと思う。

多分今までの人生最大の修羅場。

ほぼ赤の他人なクラスメイトの母親に、見知らぬ土地まで連れて行かれ、置き去りにされた。

うちの小学校は運動会のお昼休憩のあとに5、6年全員でマーチングをやる。

吹奏楽クラブの部長だった私、マーチングの指揮者に。

Aは一般児童と同じ リコーダー。

それがA母の気にさわったらしい。

このモンスター母親は娘のライバルを消そうとしたのでしょうか。

刑事事件ですね。

モンスターペアレントに絡まれたら

モンスターペアレントとは理不尽な価値観を持っているので、清く正しく生きていても理不尽に絡まれることもありえます。

そういった時、どのように対処したらいいのでしょうか?

親が発達障害や、統合失調症など、手に負えない場合は、話が通じる家族(父親、母親、兄、姉、祖父母などの)に協力してもらいます。

当事者同士で話がつかない場合、周りを巻き込むしかありませんね。

しかし発達障害や統合失調症は素人が見て分かるのでしょうか?

なお、一族全員おかしいケースもある模様。後で紹介します。

親が暴力団などで、脅してきた場合は、校長、副校長、教頭、学年主任、生徒指導部長の誰かに同席してもらい2~3名体制で話し合いをする。

学校だと警察を呼ぶわけには行かないんでしょうか。いろいろ問題があるんでしょうね。

クラスメイトの保護者同士のトラブルなら警察呼んでもいいのではないでしょうか。

怒鳴り込んできた日付、内容は、必ず、親が帰ってから、出来るだけ詳しくまとめておく。

日付、時間(何時から何時まで)、相談にのった場所、相手の名前、生徒の名前、内容など

帰った後での記録なら本人の許可は要りません。

今後大きなトラブルに発展するかもしれないと思った時には、記録しておきましょう。

あまりにも度がすぎた違法な要求や不当な請求をしてくる親には、「こちらも言ったことに責任を持つためにも、会話の内容は録音させてもらいます」と事前に伝えておく。

相手側が了承しない場合は、記録担当の先生にも同席してもらう。

(関係機関に依頼する場合の重要な資料になる)また、記録担当の先生のほかに、校長、副校長、教頭、学年主任などが同席し2人体制で相談に乗るのがのぞましい。

前もって記録することを伝えることで、抑止力になります。

対処法としてはもちろん、前述のとおり証拠にもなります。

ただし、録音物の扱いに注意して下さい。

次で解説します。

勝手に録音したとしたら証拠能力はなくなる?

1 2 3 4