1. まとめトップ

近年、傘が思いもよらぬ方向に進化を遂げている…。

昔から形をほとんど変えずに存在している傘。しかし最近は徐々にその姿を変え始め、より使い勝手の良い傘に様変わりしている模様。

更新日: 2016年03月04日

1 お気に入り 16600 view
お気に入り追加

あの煩わしい『傘用ビニール袋』から解放

カバー付き傘
http://www.kasa-higasa.com/SHOP/0148.html

これさえあれば、スーパー入店時も楽々。

折りたたんだ後、水を完全にシャットアウト

出典nge.jp

折り畳み傘用専用ケース『Kjaro』

http://nge.jp/2015/08/25/post-114632

底面に水をためるためのタンクが設置されている。しっかりと防水加工されたケース内面を滑り落ちた水は、このタンクの中に入るようになっているのだ。

ペットの散歩時にも

ペットアンブレラ

http://www.kasa-higasa.com/SHOP/3700-n.html

雨の日は、犬の散歩にも傘を。

シャフト内側には短いリードが取り付けられており、ペットをつなげられる。

空気の力で…

『air umbrella』

空気の力で雨を寄せ付けない、画期的な傘。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1410/15/news175.html

空気で雨を吹き飛ばし、濡れない空間を生成する画期的な傘「エアーアンブレラ」

両手が自由になる傘

『Nubrella』

http://feely.jp/7134/

手に持たずとも雨を凌げる傘。
自転車での、傘さし運転をする必要もなくなる?

2009年に製品化されたこの傘、既存の形に固執することなく、傘をリュックサックのように背負うという全く新しい発想です。

車の乗り降りがスムーズ

『カーパラソル』

http://car-parasol.jp/

車から降りる際に傘を開くと、シャフトが伸びて車に傘が当たることなく、スムーズに開くことが出来る。

自動車への乗車、降車時に雨に濡れない便利な自動車専用傘。その他、使用用途も様々です。

逆向きに開く傘

UnBRELLA(アンブレラ)

http://h-concept.jp/fs/hshop/c/unbrella

逆向きに開くと良い事だらけだったという、逆転の発想で出来た傘。

「UnBRELLA」の特徴は、通常とは逆向きに傘が開くため、さしやすく、濡れにくく、傘立てが無くても自立する

閉じた時、濡れた面が内側になるため、洋服や荷物が濡れることなく、満員電車などの人ごみでも、周りの人に迷惑をかけることが少なくなります。

強風に強い傘

『BLUNT』

http://allabout.co.jp/gm/gc/429622/

気象庁発表の風の強さの表現「非常に強い風」(20m/s以上30m/s未満の風)に耐えることができる強靭な傘。

BLUNTの傘は、「傘の中に回り込んだ風の方向を変えて、傘の先で分散させる」という方法を取っています。

1





watakushi_001さん

このまとめに参加する