出典 www.ibjapan.jp

「結婚相談所利用者の傾向」調査レポート

・女性会員の45.54%が四大卒。(図1-3)

・女性会員数は30代後半でピークを迎え、40代後半には約4分の1の8%台に減少。(図2-2)

・男性会員数は40代前半~40代後半にかけて減少するも、16%台をキープ。(図2-1)

・男性が「年収300万円~700万円」にかけて人数が分散しているのと比較して、
女性は58.12%が年収「300万円未満」に集中し、以降人数が急減するのが特徴。(図3-1、図3-2)

・男性の年収区分、首都圏は400万円~500万円から微減。東海・近畿エリアは急に減少。(図3-3、図3-4)

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る