1. まとめトップ

【レンタカー借りる前に】北海道を運転するときの注意点

雄大な大地の広くて貸し切りのような道路、運転には最高です。北海道は自然が多く、筆者も観光中の3日で鹿、キツネ、たぬき、ヒグマ、牛に道路で会いました。せっかくの観光で事故に合わない運転をまとめてみました。

更新日: 2014年11月09日

Tomihさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 5602 view
お気に入り追加

北海道でレンタカー最高!

北海道でレンタカーを借りると自由に遠くまで行けて、荷物も時間も気にすることなくとーっても便利!
事前に予約もでき、千歳空港に迎えに来てくれます。
予約なしでも、営業時間中で空きがあれば、数分で迎えに来てくれ、店舗によっては別の店舗で返却も可能です。

車種・タイヤ

車種はできれば背の高い車(例)キャラバン。
一見、インプレッサのような車も北海道で気持ちよく運転したくなるが、鹿やクマと出会ったときに、背が低い車だと、ボンネットに乗り、車内に入ってきてしまう危険性がある。
どんな車でも必ず保険を。

10~5月はスタッドレスタイヤが必須

6月~9月以外は路面凍結や雪の可能性があります。
スタッドレスタイヤのレンタカーがあるならそちらを借りましょう。

走行の仕方

対向車の少ない道は中央寄りで運転し、両サイドからの動物飛び出しに注意。
夜間は動物が必ずでると思って!
トラックの後ろ(居なければ乗用車)について走るのがベスト。

道東・道北等自然の多いところ=動物注意

夕マヅメ~朝マヅメは必ず会うと思ってください。
鹿は日中も注意!
【鹿】…峠のカーブ、両サイドが土手地になっているような土地に群れでよく居ます。
1匹見たら30匹居ると思いましょう。群れで居ます。とくに阿寒湖周辺と屈斜路湖周辺。
カーブで曲がるとぞろぞろいたり、土手のガードレールがなくなったところは要注意です。
【タヌキ】…光によってきて車と並走します。
【キツネ】…キツネは横断してきます。札幌にもいます。
【ヒグマ】…秋鮭が遡上してくるころ、その付近にでます。パトランプとアンテナのついた大き目な車が止まっていたら、近くで調査してることが多いです。
大人だと軽自動車位あります…
動物の多いところは電波が通じないことも多々。(特にソフトバンク)
事故には十分注意してください。

オービスにも注意

無料の高速道路~♪と開放的になり、捕まる方も少なくないとか。

トイレの注意(特に道東)

札幌や小樽では困りませんが、道東ではよく調べておかないとトイレやコンビニがありません。
大人のホテルもない土地も少なくありませんので、ロングドライブでは早めにトイレに行っておきましょう。

高速道路の注意

高速道路は自販機はありますが、食事の施設が少ないようです。
ドッグランがあるので、ワンちゃんにはうれしいですね。

こまめに休息を

北海道は思った以上にロングドライブになりがち。
道の駅がたくさんあるので、スタンプを集めながら(スタンプラリーの冊子が売っています)休憩してはいかがでしょう?

(おまけ)あると便利

・ETCカード(レンタカー会社によっては貸し出しがあります)
・CDあるとノリノリで運転できます。
・あめ(現地で買っても◎)

さぁ、レンタカーを借りて北海道を満喫してください!!

1





Tomihさん

このまとめに参加する