1. まとめトップ

ATPツアー・ファイナル、錦織選手と出場者との対戦成績まとめ(優勝の可能性は?)

ATPツアー・ファイナル出場を決めたテニスの錦織選手。その優勝の可能性があるかみるために出場者との対戦成績をまとめてみた。錦織圭、ノバク・ジョコビッチ、ロジャー・フェデラー、ワウリンカ、A・マリー(マレー)、チリッチ、トマーシュ・ベルディハ( ベルディヒ)、ミロシュ・ラオニッチ。

更新日: 2015年11月01日

sai28さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 172610 view
お気に入り追加

2014年のATPツアー・ファイナルのまとめ。

2015年版は以下。

日本人はおろかアジア人男子初の出場

シーズン最終戦のATPツアー・ファイナルは9~16日にロンドンで開催される。年間成績などの上位8人しか出場できず、前日までにノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ロジャー・フェデラー(スイス)、ワウリンカ(スイス)、A・マリー(英国)と4大大会優勝者枠のチリッチ(クロアチア)の出場が決定。この日の準々決勝で勝ったトマーシュ・ベルディハ(チェコ)と錦織、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を加え8人の出場が確定した。

錦織選手に優勝の可能性はあるのだろうか?
出場を決めている選手との過去の対戦成績をまとめてみた。

出場を決めている選手との対戦成績は以下の通り。

ノバク・ジョコビッチ
ロジャー・フェデラー
ワウリンカ
A・マリー(マレー)
チリッチ
トマーシュ・ベルディハ( ベルディヒ)
ミロシュ・ラオニッチ

錦織VSジョコビッチの対戦成績

錦織VSジョコビッチ
錦織選手の2勝1敗で勝ち越し!!!

2回目の対戦はジョコビッチ選手のけがの影響もあったかもしれないが、2014年の全米オープンで勝っているだけに期待がもてる。マスターズ・パリでの対戦もまだ残っている。

→マスターズ・パリでストレート負けを喫したため、2勝2敗のドローに。

10年5月の全仏オープンでは2回戦で激突し、1―6、4―6、4―6のストレート負け。

錦織とジョコビッチは2011年11月のスイス室内・準決勝で対戦。ジョコビッチが肩の故障を抱えていた影響もあり、当時世界ランキング32位の錦織が2―6、7―6、6―0で世界1位を破る大金星を挙げた。

2014年では以下の通り。

第10シードの錦織圭(日本)が同大会2011年覇者で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3で下し、日本人初で自身初となるグランドスラム決勝進出

男子テニスのマスターズ・パリ大会第6日は1日、パリでシングルス準決勝が行われ、第6シードの錦織圭(24=日清食品)は、連覇を狙う世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)と対戦、2―6、3―6のストレートで敗れ、決勝進出は果たせなかった。

錦織VSフェデラーの対戦成績

錦織VSフェデラー
またまた錦織選手の2勝2敗でドロー。

2014年のマイアミのハードコートで勝っているだけに期待がもてる。

2014年マイアミ(ハードコート)準々決勝
○錦織圭 3-6 7-5 6-4 ●ロジャー・フェデラー(スイス)

2013年マドリッド(クレーコート)3回戦
○錦織圭 6-4 1-6 6-2 ●ロジャー・フェデラー(スイス)

2011年バーゼル(インドア・ハードコート)決勝
●錦織圭 1-6 3-6 ○ロジャー・フェデラー(スイス)

錦織VSワウリンカの対戦成績

錦織VSワウリンカ
錦織選手の1勝2敗で負け越し。。

ただし、直近の2014年の全米オープンで勝っている。十分勝てる可能性はある。

初試合は2012年(ブエノスアイレス大会)

錦織圭 対 ワウリンカ 

2-6
4-6

2回目の試合も2012年(シンシナティ・マスターズ)

錦織圭 対 ワウリンカ

3-6
3-6

直近の2014年の対戦成績

<テニス:全米オープン>
◇第10日◇3日◇米ニューヨーク・ナショナルテニスセンター◇男子シングルス準々決勝

世界ランキング11位の錦織圭(24=日清食品)が、全豪覇者で同4位のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)に3-6、7-6、7-6、6-7、6-4で競り勝ち

錦織VSマリー(マレー)の対戦成績

1 2





sai28さん