1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

いくつになっても現役! 良い事だと思います。 CNN.co.jp 73歳女性が双子を出産 インド cnn.co.jp/video/18669.ht… @cnn_co_jpから

インド南部アンドラプラデシュ州に住む73歳女性が双子の女の子の赤ちゃんをこのほど出産した。出産した女性としては最高齢とみられている。

農業を営むマンガヤマ・ヤラマティさんで、体外受精(IVF)を経て、高齢に配慮した帝王切開によって出産した。

今月5日に切開手術を担当した医者は「手術はうまくいき母子とも合併症もなく健康」と喜んだ。今後21日間は術後の経過を観察するとした。赤ちゃんへの授乳には、母乳バンクで調達したものを使う。

ヤラマティさんは80歳になる夫のE・ラジャ・ラオさんと1962年に結婚。ただ、子宝には恵まれず、今回の手術を担った医師に昨年接触、IVFを始めていた。

同医師によると、ラオさんは既に今回誕生した娘のための計画を練り始めている。また、ヤラマティさんについては「これまでの人生でなかったような自信にあふれている」とし、「子どもと一緒にいる人生の新たな1章を楽しみにしている」と述べた。

コーさんは自身の年齢を70歳前後としている。一方、不妊治療院の発表文では72歳とされている。
インドでは出生証明書を持たない人が多く、自分の正確な年齢が分からないことは珍しくない。

 国立不妊治療・体外受精センター(National Fertility and Test Tube Centre)によると、夫妻の卵子と精子を使用して妊娠した男児は、誕生時の体重はわずか2キロだったが、今では「健康で元気」だという。

 コーさんの夫はAFPの取材に対し「私たちが死んだら子どもはどうなると言われます。でも、私は神を信じている。
神は全能で至る所にあり、すべての面倒を見てくれます」と語った。

 インドでは2008年にも、同じく体外受精で妊娠したウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州の女性が、72歳で双子を出産したと報じられている。(

インドの片田舎に暮らすラジョ・デビ・ローハンさんは、2008年、体外受精により、70歳で娘のナヴィーンちゃんを出産して、世間を揺るがせた。
現在74歳になったラジョさんは、出産後に死にかけたものの、今5歳のナヴィーンちゃんの花嫁姿を見るために長生きすると誓っている。

「病気を患っているにも関わらず、私が今も生き抜いている理由は、ナヴィーンたった一つです。娘は神が私に与えてくれた贈り物です。娘が嫁に行くまで、私は死ぬわけにはいきません。」

iインドの州で一人の女性は、70歳で不妊治療を持っていた彼女の家族生活の節約を費やして、娘を出産した。

1