1. まとめトップ
  2. 雑学

本当は怖い世の中 年間の行方不明者の数

行方不明者は、ニュースでしか聞かないとか、あまり身近なイメージのない人が多いかもしれません。ですが年間で受理された行方不明者数をすると、決して人ごとではないということがわかってきます。彼らはどこへ消えたのか?

更新日: 2014年12月04日

84 お気に入り 587817 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Four-Colorさん

毎年八万人以上が消えている

警察庁の統計によれば、2013年度中に「行方不明者届」が受理された不明者は8万3948人に上るのだ。

11年度は8万655人、12年度は東日本大震災での行方不明者を除いても8万1111人。

所在が確認されたのは79,730人で、全体の70%は届出から1週間以内に所在が確認されています。

4218人は見つかっていません。

。届け出が出されていないものを含めたら恐らく10万人近い人数になるのではないでしょうか。

行方不明者の年代は?

13年度の不明者の内訳を見ると、年代別ではトップが10代の23・7%で、全体の4分の1を占める。

次いで70代以上(18・1%)、20代(17・8%)、30代(13・3%)と続く。

何が原因で行方不明になるのか

原因では、家庭関係が22%、疾病関係(認知症含む)が19%となっています。

行方不明の原因や動機として多いのは家族関係にまつわるものや事業や職業関係等ですが、そういった事に原因が無さそうな場合は事故や事件性を疑ってみた方がいいかもしれません。

犯罪に巻き込まれた可能性もある

最近の事件などでは、通りでぶつかって口論になった後、車に相手を拉致するといったものや、行方不明者が女性の場合は強姦目的の誘拐などが実際にあります。

某飲食チェーン店に1人で来ていた女性客を、その店の店長とスタッフが組んで拉致監禁した事件も記憶に新しいものです。

大阪府警は2007年5月16日、女性客を拉致監禁した上で強盗強姦を行ったとして、ペッパーランチ心斎橋店の店長と同僚の2名を強盗強姦と逮捕監禁致傷容疑で逮捕した。

ペッパーランチ店長は自分たちの身元を隠しておらず、最終的には女性を殺害する計画だったと考えられている。

もしも自分の周りで誰かがいなくなったら

下記に該当する方が、行方不明者届を出すことができます。

・親権者、配偶者、後見人など親族や監護者
・行方不明者の福祉に関する事務に従事する者
・同居者、恋人、雇主など行方不明者と密接な関係を有する者

行方不明者届に必要な準備

・本籍、住所、職業、氏名、生年月日等行方不明者の人定に関すること
・身長、体格、髪型、血液型等、身体の特徴に関すること
・服装、所持品等に関すること
・行方不明となった日時場所や、原因動機等に関すること
・その他行方不明者の発見のために参考になる事項
・行方不明者の写真
・届出する方の印鑑と運転免許証などの身分証明書

家族以外が行方不明者届(旧捜索願)を出す際のポイント

実際に家族以外の者が届出をする場合、一定の条件を満たしていないと警察では受け付けてくれません。

(1)行方不明者と金銭トラブルなどの利害関係にないこと
(2)きちんと連絡が取れる人
(3)責任を持って対応してくれる人

(2)・(3)については、ちょっと生々しい話になります。

(2)は、休日でも夜間でもきちんと連絡が取れて、身元の引き受けなどの対応をしてくれる人ということ。

(3)は不幸にして死亡していたとしても、警察の求めに応じて事情の説明や遺体の身元確認などもきちんと対応してくれる人、さらには、親族への引き継ぎなどをきちんと対応してくれる人ということ。

行方不明者届けを受理したら警察はどう動く?

行方不明者は、「一般家出人」と「特異家出人」とに分類され、それぞれ警察の探し方が違います。

「一般家出人」とは民事に関する家出人のことを指し、成人が自らの意思で家出したり、借金などの夜逃げなどのケースでは捜査は行われません。

捜索願いを提出した結果、「一般家出人」に分類された場合、積極的に捜索されることはありません。

警察本部においてコンピュ-タ登録コンピュ-タ-登録され、この他、警察官が日常に行う警ら、巡回連絡、少年補導、交通取締り、犯罪捜査、その他の活動の中で発見に努めています。

また、発見となりましても、未成年者や痴呆老人など法律に基づいた保護や特別の事情が無い場合、家出人を保護してくれることはありません。

「特異家出人」に分類される状況の場合にのみ、 専任の捜査担当者が配置され、大規模な捜索活動や公開捜査が行われます。

幼児、病人、老人など自分の意思で失踪することが考えられない者や事故に巻き込まれた可能性のある者、 または、殺人、誘拐などの事件に関わりのありそうな者や、遺書や日頃の言動から自殺の可能性が考えられる者を指します。

1