その名のとおり、やや黄色っぽいアゲハチョウ。前翅の付け根が黒くなっていることで、普通のアゲハと見分けることができる(普通のアゲハでは縞模様になっている)。
都会の真ん中で見ることは少ないが、少し郊外へ出れば、明るい草原で花を求めて飛び回っているのをよく見かける。オスは開けた山頂部で占有行動をとる。
幼虫はセリのほか、ニンジン、パセリ、ミツバなどの野菜系の葉も食べるので害虫扱いされる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【図鑑】 アゲハチョウの仲間 全13種類 (特徴、餌、生息地など)

アゲハチョウの仲間、特徴、餌 などについてまとめました。その他の昆虫も種類別にまとめています。

このまとめを見る