1. まとめトップ

え?栄養ドリンクって健康に悪いの?『世界初・エナジードリンク禁止法制定』

リトアニアで1日、未成年者(18歳未満)へのエナジードリンクの販売を禁じる法律が施行されました。栄養ドリンクって健康に悪いの???

更新日: 2014年11月14日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 2744 view
お気に入り追加

◆疲れた時、眠い時に、なんか「元気」にしてくれそうなエナジードリンク

目の下痙攣してきたらそろそろエナジードリンク飲まんと…

◆そして栄養ドリンク。コンビニでも必須商品です。

正直連勤で疲れててもうちょっと頑張る時に栄養ドリンク飲んでる時の自分は割と好きだ

◆「疲れた庶民の味方」のはずなのに、、、こんなニュースが

【リトアニア、未成年者へのエナジードリンク販売を禁止 世界初か】

リトアニアで1日、未成年者(18歳未満)へのエナジードリンクの販売を禁じる法律が施行された。

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、リトアニア語: Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(リトアニア語: Lietuva)は、ヨーロッパ北東部の共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はリタス、人口325万人、首都はヴィリニュス。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%A2

同国議会が今年5月に可決した法律に基づき、未成年者に栄養ドリンクを販売した者には400リタス(約1万6300円)以下の罰金が科される。

リトアニアの保健省でこの問題を担当するアルマンタス・クラナウスカス(Almantas Kranauskas)氏はAFPに対し、「世界的にも画期的な展開だ。大半の国は販売しないことを推奨するにとどまっており、リトアニア以外に販売を法律で禁止した国は知らない」と語った。

◆でもなんで禁止になるの?

最近の調査でリトアニアの学齢の児童・生徒のうち、約10%が少なくとも週に1回は栄養ドリンクを飲んでいる。

こうした飲料に含まれる高濃度のタウリンやカフェインは活発性過度や依存症を引き起こす可能性があり、科学者の間では、違法薬物乱用のきっかけになり得るとの指摘。

◆カフェイン中毒ってよく耳にするけど、、、

カフェイン(英: caffeine、英語発音: [kæˈfiːn] キャフィーン)は、アルカロイドの一種。プリン環を持つプリンアルカロイドの一種で、コーヒー類に含まれることからこの名がある。

【カフェインの作用】
主な作用は、中枢神経を興奮させることによる覚醒作用及び強心作用、脂肪酸増加作用による呼吸量と熱発生作用による皮下脂肪燃焼効果、脳細動脈収縮作用、利尿作用などがある。

副作用として不眠、めまいがあらわれることもある。

カフェインは一時的に頭痛を止める働きがある一方で、常用するとかえって頭痛が起こりやすくなる。

カフェインを繰り返し摂取すると、身体的依存や精神的依存が発生するとされる。

1 2 3





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。