1. まとめトップ

こじらせ女子にありがちなこと ※あるある

こじらせ女子にありがちなことをまとめました。

更新日: 2015年02月09日

15 お気に入り 26589 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuukobabaさん

今日は会社休みますでおなじみのこじらせ女子

ドラマ『今日は会社休みます。』(日本テレビ系)では、30歳で恋愛経験なし・処女の「こじらせ女子」が主人公。「こじらせ女子」とは、女子力に自信がなく必要以上に卑屈になっているため、男性を遠ざけている女性のことです。

今、すぐ、ができない

「今、何をすべきか」と言うことに対するセンスが全くありません。
センスがないので、全く今やる必要の無いことをせっせとやっています。全く事情の分からない第三者から見れば「まじめに仕事している」ように見えてしまいます。

問題の原因は明確です。「今すぐにやれ!」といったことを、そのときにすぐにやっていればそういった緊急事態は避けることができたのです。それが判断できない原因に、前述の「素直さ」の問題は影響していますが、それだけではなく、「状況を理解する」ことができない「稚拙」なくせに、自分の考えを最優先しようとする「浅ましさ」があるのだろうと思います。

彼氏居ない暦が長い

見た目は結構かわいかったりキレイだったりするのに、不思議と「彼氏いない歴が長い」女性、実は彼女たちには共通する特徴が!「まだまだ理想にあった男性がどこかにいるはず」「趣味やシゴトに明け暮れる生活を送っている」などと思っているけれど自分からは行動できない。。。

「かわいい」と言われたらお世辞だと思う

あなたの周りに褒められても「ありがとう」と素直に言えない女性はいないだろうか?

男性から言わせるとこんな感じ。「『今日かわいいよね』と褒めると『ううん、ううん、全然そんな事ないよ! 〇〇ちゃんの方が絶対可愛いいしぃ~』……ってさぁ、俺が褒めてるのは〇〇ちゃんじゃないし。しかも〇〇ちゃん今ここにいないやんけ~」
また、「『その服似合ってるよね』って褒めたら『そんなことない! やめてください』と返された。お世辞じゃなく本当にそう思ったので『スタイルいいから似合うんだね』ともうひと押ししたら『いい加減にしてくださいっ!』って全力で否定。褒めてるのになんで怒られな~アカンの?」
など

寂しさに慣れつつある

シングルの期間が長くなると、「1人も慣れると楽しいよね~。なんと言っても楽だし!」と1人焼肉や1人カラオケに恥ずかしげもなく行けるようになります。

テレビやペットに話しかけるのも、こじらせ女子あるあるです。

好きな人の前では気が小さい

気が置けない友人や、何とも思っていない男性の前では、笑いを取りにいくほどの盛り上げ役なのに、いざ気になる男性を前にすると、全く会話が弾まなくなってしまうそう。彼にいいところを見せようと気負いせず、平常心で彼に向きあいましょう。

脱!!! こじらせ女子

こじらせ女子を脱却するには「こうでなければ人を好きになれない」という自分の凝り固まった恋愛観をじっくりほぐすことが重要です。恋愛のチャンスはどこにどんな風に転がっているかわかりません。いま一度やわらかい恋愛観・素直な気持ちで男性とかかわりを持ち、恋愛ニートに終止符を打ちましょう。

必要以上に自分のコンプレックスに目を向けてしまっていること。自信満々、とまではいかなくても、まずは自分を好きになることから始めてみませんか?あなたの魅力に気づいてくれる男性はすぐそばにいるかもしれませんよ。

1