1. まとめトップ

食欲の秋、ついつい食べ過ぎてしまった!飲み会続きでむくみが酷い!
ここぞ、という日の2日前から始めたい、即効性抜群のダイエット法です。

体重増加=脂肪増加ではない!?

食べ過ぎた翌日に体重計に乗ったら1〜2キロ増!!!なんてことありますよね。
でもたった1日食べ過ぎたくらいで1〜2キロ脂肪が増えることは滅多にありません。ほとんどが便と水分です。食べ過ぎや食事に含まれる過剰な塩分が、体に水分を溜め込んでしまっているから。食べた重さ以上の増加も。

塩分を取りすぎると、体内の塩分濃度を下げるために、体が水分をため込みやすくなる。
 むくみ解消に効果的な食材は、塩分の排せつを助けるカリウムが豊富な野菜だ。1食あたりの目安として、海藻、キノコ、旬の野菜など

むくみ解消に効く食材は、積極的に取りたいもの。
日本人の場合、日常的に塩分取り過ぎな傾向にあるらしい。

世界保健機関(WHO)は、世界中の人の食塩摂取目標を1日5グラムとしていますが、米国では心血管疾患の予防のためのガイドラインは、塩分の最大摂取量が1日3.8~6.0グラムとなっています。

ちなみに、2012年時点での日本の成人1日あたりの食塩平均摂取量は、男性で11.3グラム、女性で9.6グラムと発表されています。

むくみ解消にとっておきの方法

日常的に塩分取り過ぎの日本人に取って、効果が出やすいのが、
便秘解消、腸内リセットで話題のファスティングダイエット。
栄養価の高いドリンクだけで1〜2日過ごす方法です。

ファスティングのドリンクは塩分濃度がかなり低いため、減塩の効果が顕著に出やすいです。
液体で消化も早いので、1時間に1回トイレに行きたくなります笑

そしてむくみによる下半身太りが解消され、脚がすっきりします!

睡眠不足もむくみの原因?

ストレッチと十分な睡眠時間で、ファスティングの効果を高めましょう。
ファスティング終了後も習慣化したいですね。

ファスティング後は、塩分を取りすぎない食生活を心がける!

新鮮でバランスのよい食品を選び、自分で調理することが、減塩の一番の方法だと思います。新鮮な食品には、ナトリウムの含有量は低く、調理するときに、食塩の摂取量が確認できます。しかも、新鮮な野菜や果物にはカリウムが豊富に含まれていて、余分な塩分が排出されます。

ファスティングは期間限定!減塩もやりすぎると健康を害するので注意!

ナトリウム排泄量が1日3グラム(食塩7.6グラム)未満の人でも、死亡または主要な心血管イベントのリスクが27%増加したことです。つまり、ナトリウム摂取量が1日3~6グラム(食塩7.6~15.2グラム)の人は、 摂取量がそれより多い人もしくはそれ未満の人よりも、死亡や心血管イベントのリスクがより低いことが示されたのです。

1 2





h_seriさん