1. まとめトップ

【谷根千散策】へび道をくねくね歩く

谷根千散策でお勧めスポットに「へび道」があります。

更新日: 2017年03月21日

19 お気に入り 34536 view
お気に入り追加

へび道って?

谷中銀座を左に曲がり、よみせ通りと繋がっているのが「へび道」。その名の通りクネクネと曲がっている路地のことを通称「へび道」と言います。

数えた人によると15回曲がっているそうです。

へび道は、文京区千駄木と台東区谷中の境界になっています。

へび道は、案内地図を見ると、「へび道(旧藍染川)」と書かれています。現在は生活路地になっていますが、かつては藍染川という小川でした。

藍染川の名の由来。上流に紺屋など藍染を業とする者が多かったとの説。水源が染井だからとの説。二つの川が合流するので逢初川とする説。これは遊郭のあった根津にはピッタリの粋な名です。

この写真は、根津の染物屋「丁字屋」前辺りと言われています。

根津神社が移ってきてから、門前を中心に根津界隈はにぎわいを見せるようになり、飲食店が増えると共に、遊廓もできました。明治12年(1879)には遊女屋90軒、遊女574人を数えるまでに発展し、大八幡楼や大松葉楼などはひときわ大きな店を構えました。ところが、同年、隣の本郷に東京大学ができたことにより、風紀上好ましくないとの理由で、遊廓移転の議論が起こり、結局根津遊廓は洲崎に移転することになったのです。

右に曲がったり、すぐ左に曲がったり。クネクネと曲がっているのは、川の面影を残して路地にしているから。藍染川は、今でもこの地下に流れていて、上野不忍池の方へ流れ続けているそうです(^-^)

昔ながらの町家が軒を並べ下町の風情たっぷり。そこには、暖かな時間が流れています。へび道の道沿いには、お洒落なお店もあり、立ち寄ってみるのも楽しみの一つ。

狭くてくねくね曲がった道なので、車止めの縁石が置かれたりしています。

へび道付近の素敵なお店

女優川上麻衣子のお店「SWEDEN GRACE」

「私の家に遊びに来て!」 そんな気持ちでお店の準備をしています。棚が入り商品を並べるのは楽しい時間です。10月9日のオープンが待ち遠しくなって来ました。 「SWEDEN GRACE」 2016年10月9日 台東区谷中2-5-15 11:00からオープンです!

へび道にオープンする新店舗の情報を。亀の子束子のお隣には「谷中 三清洞」という器屋さんが入るようです。骨董が中心になるのかな?来週の日曜日17日オープン。要チェックです。 pic.twitter.com/upmFmwTGQW

1 2 3





谷根千黒猫さん

谷根千(やねせん)と呼ばれている谷中・根津・千駄木エリアは、ぶらぶら散策するのによいところです。谷根千界隈の情報をお知らせしていきます。



  • 話題の動画をまとめよう