1. まとめトップ

「デニム」と「ジーンズ」の違い知ってる?

ちょっとためになる!?雑学です。

更新日: 2014年11月05日

14 お気に入り 202221 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

LuvShmmyさん

「デニム」と「ジーンズ」の違い知ってますか?

わからないと言えば、ジーンズとデニムの違いもわかりません。ソーダとサイダーとラムネの違いも良くわかりません。夏みかんといよかんの違いもわかりません。世の中わからない事ばかりだなあ。

デニムとジーンズの最も根本的な違いは、デニムは「生地素材」であり、ジーンズは「製品」であるという点です。

「デニム」とは?

「デニム」の語源はフランス語「serge de Nîmes セルジュ・ドゥ・ニーム」であり、「(フランスの)ニームの綾織り」といった意味の表現である。

デニムは藍色やインディゴの染料で染められることが一般的ですが、ブルー以外でも同じ製法の織物であればデニムと呼ばれます。

最近ではジーンズのことを指してデニムと表現することも若年層を中心に広がってきているが、正式には素材の名称である。

「ジーンズ」とは?

イタリア北部の港町ジェノア。それがフランス語読みでジェーン(jenes)となり、更にそれを英語読みにしてジーンズになった。と言う説があります。

フランス語で < Gênes > と記していたため、アメリカで英語風に< Jeans > と呼ばれるようになったのです。

一般的なデニムは、インディゴ染めの縦糸と、染色されていない横糸で織られているブルーデニム。ほかには、ホワイトデニム、ブラックデニムや、赤・茶色などの「カラーデニム」と呼ばれるものも存在します。

「ジーンズ」は『デニム』を使用したもの以外にも、他の織物生地・厚手ニット生地を使用する場合も含まれます。

「チノパン」は着用感や製造工場が似ていることから、広義の「ジーンズ」とくくられることがあります。

1