1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

寒くなる時期は特に。生後1ヶ月の赤ちゃんが外出NGのわけ。

生後1ヶ月経たない赤ちゃんを連れての外出は避けた方がいいと言われますね。これから寒くなる時期なので特に注意が必要です。

更新日: 2018年12月04日

432 お気に入り 916503 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

放送局003さん

待望の赤ちゃん!早く一緒にお出かけしたい。

待ちに待った赤ちゃんが誕生し、可愛い服を付けさせて一緒にお出かけしたいと考えるママさんは多いのではないでしょうか。

今すぐにでも連れて出かけたいというママの気持ちや気分転換をしたいというママの気持ちはわかりますが、新生児の赤ちゃんはまだまだ免疫力も低く、気温の変化にも上手く対応できないものです。

生まれたての赤ちゃんは体温調節がうまくできません。

月齢0ヶ月の生まれたばかりの赤ちゃんは、まだまだ身体がしっかりとできあがっていません。気温の変化への対応もまだ不完全です。

まだ体温調節が難しいので、必要がない外出は極力避けたほうがよいでしょう。

真夏の猛暑や真冬の厳寒期の気温は、乳幼児にとっては過ごしにくく、特に生後1歳未満の赤ちゃんは室温や着るものに気づかってあげましょう。

外の世界は危険がいっぱい。

生まれたばかりの赤ちゃんには、風だって日光だって刺激なんです。当然、ホコリや騒音、雑菌なんて赤ちゃんにはすごい負担。

たたでさえ免疫力のない赤ちゃんですから、外にはどんな菌やウィルスが浮遊しているかわかりません。それらに感染してしまっては大変ですから

人混みを避けるというのは、感染するリスクをできるだけ抑えるという意味です。

ママにとっても体を休めてもらいたい時期。

出産に関する昔からの言い伝えで「床上げまでは3週間」という言葉があります。

いわゆる「床上げ」を済ませていないママの身体も万全ではない時期です。

産後すぐのお母さんも体調にも注意が必要です。この時期は数時間おきの授乳のために寝不足にもなりがち。ホルモンのバランスも崩れていて、体のあちこちも妊娠出産の偉業で疲れていることでしょう。

どうしても外出しなければならないときは。

やむをえず外出する場合は、公共の交通機関ではなく自家用車やタクシーなどを使い、赤ちゃんに負担がないように気をつけましょう。

そんなときのために地域のファミリーサポートやベビーシッターなどを事前に利用できるように登録しておくといいと思います。

赤ちゃんの体調が良いときに、なるべく人ごみをさけて、短時間で。
買い物、保育園の送り迎えなどでやむを得ないときは、なるべく外部の人との接触を避けよう。

いつ頃からお出かけOK?

1ヶ月健診が終わり赤ちゃんの成長を確認できたら、そろそろ散歩に出かけましょう。もちろん、寒い季節や体調の悪いときは避けてくださいね。

まずは家のベランダや周辺で、外の空気に慣れさせてあげましょう。最初は5分、10分…と少しずつ時間と距離を伸ばしていきます。

直射日光に当たらないように気をつけて、1位時間以内くらいの外気浴がいいでしょう。

新生児に限らず乳幼児全般に言えることですが、子どもは元気にしていても急に具合が悪くなりやすいので、かかりつけの病院や産院の連絡先、母子手帳や保険証は携帯しましょう。

1