1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

friend-rさん

①まずロシア連邦ってどんな国よ?

ロシア連邦(ロシアれんぽう、ロシア語: Российская Федерация)、またはロシア(Россия)は、ユーラシア大陸北部に位置する大統領制の連邦共和制国家。首都はモスクワ。ロシア・ツァーリ国、ロシア帝国、ソビエト連邦の継承国とみなされている。

②世界一高く飛ぶ美女|エレーナ・イシンバエワ

エレーナ・イシンバエワ(ロシア語: Елена Гаджиевна Исинбаева、1982年6月3日 - )は、ロシア・ボルゴグラード出身の陸上競技選手。

2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックの女子棒高跳の金メダリスト。

身長 174cm
体重 65㎏
棒高跳びのポールは右利きだが
それ以外は全て左利き。

ワールドレコードアーティストというキャッチフレーズを付けられた。

世界記録を28回(屋外15回、室内13回)更新している。

イルカ好きが高じてイルカグッズを集めるようになり、いつか一緒に泳ぐことも夢見ているという。

「北京オリンピックTODAY]に出演。同番組のコメンテーターを務める明石家さんまと対談を行った。

「コンニチワ」と日本語で挨拶したイシンバエワは、さんまの「昨日は眠れましたか?」という質問に、「いいえ、チームの祝賀会に行っていたので、踊ったり歌ったりして、盛り上がりすぎて眠れませんでした」と笑顔を見せるも、続けて「普段は11時間くらい寝るけど、昨日は2時間でした」と答え、さんまは驚いた表情で「11時間も寝るの?」と声高に聞き返した。

番組では終始、上機嫌のイシンバエワに対し、さんまは「世界で1番腹筋がキレイですよね。まさか見せてくれるわけにはいかないですもんね?」とダメ元でお願いする一幕も。すると、イシンバエワは、ニッコリとシャツをまくし上げ腹筋を見せる大サービス。スタジオには「オーッ!」という歓声があがった。

更に、さんまに腹筋を触らせてくれたイシンバエワ。さんまは、彼女の腹筋の数を数えると、イシンバエワは「エイツ(8)」と答えたが、これに絶妙な切り替えしをみせた、さんまは、自らの胸を押さえながら(胸も入れると)「ナイン(9)」という大ボケをかましてみせた。これに対し、イシンバエワは、照れながら大爆笑。持っていたタオルで顔を隠し、しばらくは笑いをこらえることができなかった。

2013年世界選手権後、子づくりのために休養にはいる

■ソチ五輪時

『人は必ずしも始めた場所で終わる必要はない。』

イシンバエワの名言です

1 2