1. まとめトップ

癌になりやすく、老けやすい!?怖すぎる低体温を防ぐ簡単な方法。

寒い冬、冷え性で悩んでいる人も多いと思います。低体温は恐ろしい病気や老化を連れてくる実は怖い状態なんです。そこで、体温を上げる簡単な方法をまとめます。

更新日: 2014年11月04日

12 お気に入り 3954 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hitomi-naさん

低体温は癌になりやすく、転移しやすい

ガン細胞は「特に35℃台の低体温で最も活発化する」ということが明らかになっています

ン患者のほとんどが例外なく低体温で代謝が著しく悪化しているので、「低体温だから、ガンになった」と言える

低体温は老化しやすい。

低体温になると基礎代謝が下がるために身体に脂肪がつきやすくなり、お肌のターンオーバーも乱れがち。

低体温のせいで血流が悪くなってしまうと、肌トラブルだけでなく太りやすい体質になります。

低体温を防ぐ簡単な方法

シャワーだけで済ませずに、湯船に10分程度浸かれば体温は大体一度上がります。

お風呂に入ることは、低体温を改善する上で非常に効果的です。

足には血液を循環させるポンプとしての役割があります。
すなわち、ストレッチで足の筋肉を鍛えることは、体全体の血流を促進することにつながります。

下半身の脂肪が落ちるとともに、必要な筋肉がつくので、引き締まった下半身をつくりながら血行を改善できます。

代謝を落とさないためにもGABA(ギャバ)を含む食品を積極的にとりましょう。

ストレスによる体温の低下を防ぐために、ストレスを緩和する成分「GABA」を多く含む食品を食べましょう。GABAはストレス緩和のほかにも成長ホルモンの分泌を促す効果もあるので、アンチエイジングの面からもおすすめです。

冷たい水ではなく白湯を飲みましょう。夜寝る前にも白湯を飲むことで体が温まります。

しかし白湯 ダイエットは、50℃くらいのお湯を飲むことで体が温まり、体温が上昇します。

1