絶対的中!2015年上半期しいたけ占い<水瓶座>

◆全体運◆
体の内側に「自分の身体感覚がよみがえってくる」という薄いターコイズ、外側に「その感覚が、ある分野に対して決着をつける」という茶色が出ています。
ターコイズで表されていた「身体感覚がよみがえってくる」ということがいちばん重要です。水瓶座は、「ある価値観」を持っています。それは「人として、自分はどうあるべきか」というような、理想を追求する姿勢です。この文言については、他の占いなどでも「水瓶座は理想主義」と書き尽くされているから、うっとうしく感じられるかもしれません。

水瓶座にとって「自分なりの“こうあるべき”とか“これができている自分”という理想が100点満点中、90点ぐらい達成している」という状態なら、すごく調子がよいし、ハッピーです。でもそれが「あー。全然ダメ。今の私は50点にも満たないですよ」と薄ら笑いをするようになると、「なんでこんなこともできないんだろう」とアンハッピーな気分にどんどんとなっていきます。

理想と現実という言葉があります。そして、そのふたつの言葉の間には「身体感覚」というものは、必ず入るべし!と言いたいぐらいに大事な感覚なのです。変な例えですが、「現状がうまく行っているように感じられなくても、自分の体がなんとなくいい感じ」という状態をキープできていれば、幸せって勝手にやってきます。
だから、頭で「今の私はこういうところが弱点で、こういうところを克服していかなければいけない」とモヤモヤ考えるより、体が気持ちいいと感じることを追求した方がよいのです。

「体が気持ちよいと感じること」をやっていく時に、あなたは「忙し過ぎてはいけない」のです。水瓶座はサービス精神が旺盛なので、人前に出ると自分が倒れるぐらいにサービスをしてしまうところがあります。その理由は「人が好きだから」というものと「自分はたいした人間ではないから」という理由で「サービス役に徹する」というものがあるのです。

もし、そういう「義務感でサービスをしなければいけない」という会合があるなら、仮病を使って休んじゃいましょう。あなたにとって2015年の上半期は「時間」が貴重になります。その時間を「ちょっと気をつかっちゃいそうだよな」、「でも人としての義務として参加はしなければいけないよな」と思うような会を、一回勇気を出してサボってしまいましょう。

人生を「どういう人間にならなければいけないか」と考えるのではなくて「今の私はどうやったら気持ちがあたたかくなるのか」という方を重視すること。そして、自然に体が「ノッて」、動き出したことって必ずよい縁に辿り着いていくから。そういう状態に達している水瓶座の人もたくさんいると思うのです。

義理人情に縛られ過ぎないでください。「絶対にこう生きなければいけない」というルールはないのです。「他人の人生は他人の人生。自分の人生は自分の人生」と、固い決意でそう言い切るのではなくて、「私の時間を大事にしたいです。私がよい状態だと、私の周りの時間が私に協力してくれる」と、サービスはサービスで割り切って、その分自分の時間を楽しむ。「だらしない」とか「くだらない」という思いがある時間も、あなたにとっては大切なものなのです。ですから、それをできれば「よい時間」として迎えてあげる。いついかなる時も「私は人としてどうなのかな」という自責の念は持たないようにすること。
「自分の身体感覚を取り戻す」という上で、ヨガや瞑想は2015年にとても大切なものになります。なぜなら、それは「あ、どうもこんにちは」という人間関係が絡まず、あなたが素の姿のまま解放される時間だから。そういう時間はご褒美なのですよ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

しいたけ占いの水瓶座だけを淡々とアーカイブする

なぜならば、私が水瓶座だからhttp://voguegirl.jp/horoscope/shitake/

このまとめを見る