■ 第四章:「直感能力」と「調査能力」のぶつかり合い
「今までの自分自身を壊しても構わない」という許可があなたに降りてきていると説明をしてきました。もっというと、あなたが壊そうとしているものというのは「標準的な私」「常識的な私」「将来のこともちゃんと考えている私」という、「こうでなければいけない」という私なのではないでしょうか。
これはあなたにとって少し根深い問題なのです。

あなたには「これはおもしろい!」と自分にとって縁があって、おもしろい展開になる動きを捉える直感の能力があります。
それと同時に「私が今思いついた“おもしろさ”というものは、世間的にはどう評価されているのか」と即座にリサーチをする調査能力もあります。
その「直感の能力」と「調査する能力」が、ぶつかり合うのです。
このふたつがぶつかり合ったまま、もう何年も事態が前に進んでいないという水瓶座の人もいると思うのです。

もう少しこの「直感能力」と「調査能力」のぶつかり合いの話をしたいと思います。
例えば、あなたが「体を動かしたい」と思い立ったとしますね。あなたの直感は「よし、スポーツジムに行くか!」と回答を出したとします。
そこで「調査能力」の方も挙手するのです。「いやいや! せっかく今の時期に体を動かしたいと思ったのなら、ほら、あなたは昔から筋トレなどは苦手だからヨガからスタートしたらどう?」と提案してきます。

それで「せっかくだから調べてみるか!」と調査を始めてしまうと「一歩も動けなくなる」という事態に陥ります。あなたは「ヨガに行って体を動かすマニア」というより「都内のヨガ教室の特色に詳しい、ヨガ教室マニア」になる可能性もあるのです。
この「調査をして身動きが取れなくなる」という事態を解消するために、あるエクササイズをしてもらいたいのです。

「1日に1個、直感を入れる」
というものです。どういうことか説明すると、あなたが仕事帰りにスーパーに寄ったとします。棚にあるりんごと目が合いました。買って下さい。以上です(笑)。
こういう「頭で考えないで、やっちゃう」ということを、1日1回試してみてほしいのです。楽しいですよ。

この「直感行動」はですね、はじめはスーパーや食べるもので試してもらって、次第に「目が合ったカフェに入る」とか「たまたま仕事場に行って目が合った人に話しかける」とか、そういうふうに発展していきます。
あなたにとってのもうひとつの強力な武器である「調査班」が挙手をして表に出てくる前に決めてしまうということです。直感班優勢で。
その「直感班優勢」という行動を、別の言葉で言い換えると、あなたはそれをやっていくと「自分にとって“気持ちのいいこと”を優先できるように」なっていきます。

「目が合って、嫌な予感がしないものはとにかく実行してしまう」
それがもうできている人もいると思います。大丈夫。失敗したらその時に撤収すればいいだけだから。とにかく「考えずに、やる」。「考えずに、やる」というマニュアルが書かれた本だのブログだのをチェックしない。とにかく、やる。

■ 第五章:気をつけるべきこと
「後で書きます」と書いておいてここまで引き延ばしてしまった、あなたから出ていたターコイズの色の説明をしたいと思います。
ターコイズには「解放」や「融合」、「混じり合う」、「会合」などの意味があります。視覚的なイメージで説明すると、あなたが液体になって、広い、豊かな海に流れ出します。海の波は、あなたをしかるべき場所へ連れていってくれます。あなたがやるべき仕事は「身を委ねる」ということだけなのです。
これはもちろん、「ただ何もしない」ということではなく、「気持ち良さの追求」と共にあることなのです。

頭でずっとずっと考えて、悩んで迷って、停滞している感じがあるという時、そういう時に即座に「あなたにとって気持ちのいいことは何?」と問われてもわかりません。
そういう「停滞」から抜け出すためには、まず少し汗をかく必要があります。「体を動かして、おいしいものを食べる」というのが生きるための基本なのです。

1日5分でも、体を動かしてみて、その5分間だけは今の自分が抱えている問題や悩みからは離れてみる。それをどうか習慣化してほしいのです。個人で決意してやっていくのは難しいところがあるから、ヨガやピラティスなど、体を動かす習い事に習うのもいいと思います。

そうやって「自分の体が感じる気持ちの良さ」に目覚めた時に、あなたはすでに「もう自分にとって必要のなくなったもの」を手放して、「新しい展開」の中に入っていきます。
汗と共に、古い「人生はそんなに簡単に行くはずがない」と固くなっている自分を流していってください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

しいたけ占いの水瓶座だけを淡々とアーカイブする

なぜならば、私が水瓶座だからhttp://voguegirl.jp/horoscope/shitake/

このまとめを見る