1. まとめトップ

周囲も変わる!経営者・管理職に求められる資質「率先垂範」とは?

「率先垂範」とは、山本五十六の言葉「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」にあるように、古くからリーダーシップ・組織マネジメントのあり方として注目されている言葉です。ここでは「率先垂範」の意味と重要性について再確認します。

更新日: 2016年02月12日

149 お気に入り 212119 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

springspringさん

-「率先垂範」という言葉がある

「率先垂範」の読み方は"そっせんすいはん"

率先は「史記」、垂範は「宋書」に出てくる言葉。共に、紀元前の古代中国の歴史書を語源とする。

「率先」は”先んじる、人の先頭に立つ”という意味。「垂範」は”模範を示す”という意味がある。

・人の先頭に立って物事を行い、模範を示すこと

・リーダーが自ら進んで手本を示すこと

・人の嫌がるような仕事も真っ先に取り組んでいく姿勢

京セラ創業者・稲盛和夫による。

-リーダーの資質として「率先垂範」の能力が求められている

仕事を進めるために必要なリーダー的要素・・・率先垂範。

管理職には、組織の先頭に立って部下たちの模範を示す「率先垂範」が求められます

リーダーシップ(指導者たる地位)に立つ条件として、率先垂範の精神を重視する経営者も多くいます

リーダーとして認められるための一番の近道は「率先垂範」やで。迷ったら、自分がすすんで手本を示し、模範となる行動を見せればええ。まだ自分に力が無いうちは、言葉だけでは人は動かせへんよ。

-例えば、この人たちも「率先垂範」の重要性を説いている

パナソニックを一代で築き上げた経営者。異名は経営の神様。

「誰よりも早く起き、誰よりも遅くまで働く。経営者自身が身をもって示すことが第一」

その豪放磊落さからエピソードにも事欠かない本田宗一郎。彼も言葉より「率先垂範」であるべきだと指摘している。

「言葉とか文字では人は動かせない」

「言葉というのは一見便利なようだが、人によって捉え方が異なる。例えばりんごの味ひとつとっても世界中の人が納得できる表現はないではないか」

出典yaplog.jp

「チキンラーメン」と「カップヌードル」を開発。

「口先だけで人は付いてこない」

「社員の結束を図るために、トップは先頭に立って旗印を掲げる必要がある。」「みずからの足で歩き、みずからの目で確認しなさい。そうでなければあなたの話には重みも説得力もない」

「どんなに多くの、どんなに美しい言葉を並べ立てても、行動が伴わなければ人の心をとらえることはできません」

上司の命令に絶対服従の軍隊。しかし山本は"自ら率先することの重要性"を訴えている。

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」

※「率先垂範」型リーダーシップの至言として、言及されることが多い言葉。

-しかし、「率先垂範」をしないリーダーも多い

上司の役割とは、部下が自分で気づいて、自発的に動き、主体的に学ぶための環境をいかに設定するかという点です

上司であるあなたが、率先垂範して、お手本を見せることで、仕事のイメージやスピードを部下の目に焼き付けることもできます

※またリーダーが自らの責任で意思決定するのも、率先垂範の事例となる。

しかし、実際の職場では、自らが範となって、部下を導く上司というのが、それほど多くない、というのが実情のようです

昔ながらの、管理監督型のリーダーの時代はもう終わっています

※夏野剛氏による。

-「率先垂範」することはなぜ重要なのか?

「率先垂範」すれば、周囲が動き出す。特に閉塞的状況で有効だとされている。

1 2