1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

satou333さん

窪塚洋介

1995年、TVドラマ『金田一少年の事件簿』でデビュー。

映画『GO』の主演を務め、最年少で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を得る。

以後、多くの作品に出演。

過去には過激な言動が話題になることも多かった。

近年では「卍LINE」(マンジライン)名義でレゲエDJとして活躍している。

転落事故

2004年6月、約26mの高さの自宅マンションの9階から転落。だが、芝生に落下したため奇跡的に一命を取り留める。

育児休業中のことだった。

建物から約9m離れたフェンスに衝突したが地面が芝生だった為、頭蓋骨の開放性骨折など深刻な傷を負ったものの命に別状はなかった。

様々な説

映画『ピンポン』では、橋の欄干の上に立って『アイキャンフラ~イ!』と絶叫しながら川に飛び込もうという名シーンがありますが、あれをリアルにやっちゃったんだという“窪塚伝説”が広まったんです。

事故後本人からのコメント

「本当に覚えてないんですよ。いろんなことを言われましたけど、ドラッグをやっていたわけでもないし。その日、アメリカに行く予定で、荷物も全部準備してあって。家庭も持って、子供もできて、仕事も順調で。自殺する理由なんてまったくなかった」と隠す様子もなく、淡々と答えた。

「あぁ、生きてたと思うことがあった。あの日もし死んでいたらと思うと、そこから先(の人生)は神様がくれたギフトだと思う。今では生まれてきたこと自体がどれだけ素晴らしいことなのかを実感しています」と語っている。

事故について歌った曲

卍LINE名義の楽曲「IKIRO」でこの転落事故について歌っている。

所々に映し出されるのは、事故現場でもある自宅マンション前やベランダ。そして入院生活を送っていた病院前に立つその姿も印象的だ。

「ピンチはチャンスなんだぜ」「生きてりゃいいコトあるぜ」とポジティブなメッセージを歌っている。

1