1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

blalagさん

まず、鱒と鮭の違いですが。。。

サケという名の魚はいますが、「ます」というのはサクラマス、カラフトマス、ニジマスなど複数の魚を総称しており、かつ、そのますと称される魚だけに共通するようなサケとの違いはありません。

要は、鱒というのは多くの魚の総称である、「科」のようなものに分類されるということですね

日本で昔からそ上が見られたさけ・ますはサケとサクラマスであり、当時はサケとマスで区別には十分でした。
しかし蝦夷地の開拓が進むと道東方面に別種のさけ・ますが分布しており、サクラマスとカラフトマスという呼び分けが必要になりました。

最初は鮭とサクラマスしか日本で区別していたのに、次々と別種のさけが出てきてしまい○○マスという言い方をしたんですね。

もともと日本の本州ではこの二種類しかいなかったのです

さらに北洋さけ・ます漁業が始まると日本には分布しないものも漁獲され、漁業者はそれらをベニマス、ギンマスなどと呼び分けました。この時点ではサケだけが特別で、その他はすべて○○マスで統一されていました。
しかしながら、流通させるに当たってマスよりサケの方が高級イメージがあったので、ベニザケ、ギンザケという呼び名で販売されるようになり、それが定着して今日に至っているということです。

さてここまでは日本での分類です。しかしここにサーモンとトラウトという言葉が入ることでややこしくなります(笑)

英語(イギリス語)で、サーモンといえば、アトランティックサーモンだけを指すそうです。ヨーロッパには、これ一種しか居ないからです。

北大西洋とその流入河川に広く分布するためイギリス語ではこの種がサーモンです。

米語(アメリカ語)でサーモンといえば、太平洋種の総称になります。
日本語で言うマス(海洋性のもの、例えば、カラフトマス)も、サーモンです。

ちなみに、トラウトは、淡水性のものにだけ使います

しかし、このトラウトという言葉も元来は陸封型のみに使われていたようですが、ヨーロッパの人たちが世界に進出するにつれ、ヨーロッパのトラウトに似ている別種の魚を見て、~トラウトと誤用して名付けていってしまったため、○○トラウトという名前でも海に出て行く種はいるようです。

結論ですが、このわかりにくさはグローバル化によるものと、日本語と英語は必ずしも対応しあわないところからきているようですねwww

あとは、英語でもイギリス語とアメリカ語でも区別しなければならない場合があるということにも注意です

ゴミ箱という際にイギリス語ではrubbish binというのに対してアメリカ語ではtrash canまたはgarbage canと呼ぶのと似ています。
余談ですけどねw

1