1. まとめトップ

ダイエットとウエストと求婚の密接な関係をまとめてみた。これはもう事件かも!

「ダイットって続かないのよねぇ」のワヤガヤから「0.7のヒミツ」にたどり着いた!これでちょっとは、ダイエットを頑張れる気になるかも!いや、ならねば!

更新日: 2014年11月05日

1 お気に入り 3093 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

OUCHIGUMIさん

「ダイットって続かないのよねぇ」のワヤガヤから「なんでやろね」「そりゃさ、つらいし、孤独だし、効果が分かり難いし、楽しいことなーんもないしね」「そうだそうだ!」とビール腹輩たちも同調した。そして一人がつぶやいた。「オンナは0.7!オトコは1.3!」「何それ?」となってまとめてみた。〜 Lala(*※*)〜

女性のウエストの「くびれ」には、男性を虜にする法則があった!

心理学者のデヴェンドラ・シン博士が、女性の理想的なプロポーションについて調査。何を調べたかというと、世界の16の文化圏でオトコたちに女性のレオタの立ち姿のイラストを見せて、どの女性が魅力的か?って調査。興味本位ではなく、あくまで心理学ですから。

調査に使ったときのイラストを見ると、少しづつプロポーションが違う。上段がホソミ、中段がミドル、下段がフトミ。そしてウエストのくびれ具合も違う。左の方へいくほどがウエストまわりが細く、右の方が太く見える。

男性は女性の「くびれ」に反応していた!

その結果、男性にとって魅力的な女性シルエットとは、ホソミ、ミドル、フトミとも、左の列の女性シルエット。よく見ると「WHR」という文字があって、そこに数値が書いてある。つまり「WHR=0.7」のシルエットに男性票が集まったということ。この「WHR=0.7」とは何か?「WHR=Waist - Hip Ratio=ウエストとヒップサイズの比率」=「ウエストまわりのサイズをヒップまわりのサイズで割った値」のこと。

ホソミがお好みの男性も、フトミがお好みの男性も、ウエストがくびれて見える方が良いのだ!それはウエスト:ヒップ=0.7:1なのだ!

女性のダイエットは「体重減=ホソミのワタシ」をつくりたがるが「フトミのワタシからホソミのワタシ」へのハードルはかなり高い。頑張ったわりに効果がわかりにくければ、そりゃあ、続かないのである。ヒップが100センチだったら、まず、ウエストを70センチにすることを目標にすべし!それはそれで結構大変だけれど、いきなり「ホソミのワタシ」を目指すよりはハードルは低いはずなのだ。頂上より、まずは7合目で一泊しようか、って感じ。

さらに、男性の脳は女性の「くびれ」を見ると、本能的に快感を感じる分野が刺激されるとのこと!「くびれ」は男性の求婚本能と直結している!

くびれカラダには、オメガ3脂肪(DHA=DocosaHexaenoic Acid)を蓄えている傾向が高いといわれ、このDHAは赤ちゃんが成長するにかかせない物質で、赤ちゃんは母乳から摂取します。男性の脳は『くびれカラダ=DHAが豊富=健康な赤ちゃんを出産』ということに本能的に反応しているようです。
 
 ちなみにオトコの理想的なプロポーションは、SHR=Shoulder - Hip Ratio、つまり、肩幅まわりをヒップまわりで割った値=1.3が魅力的な体型だそうな。逆三角形の体型ってことかな、、確かに魅力的かも!

1