1. まとめトップ

運動すると記憶力が上がることが判明

受験やテストを控える学生はもちろんのこと、社会人になってもビジネスに役立つスキルを自主的に覚えていかなくてはなりませんね。記憶力が上がれば効率的に学習ができますが、運動をすることにより記憶力が上がることがわかってきました。

更新日: 2014年11月06日

12 お気に入り 5122 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Four-Colorさん

今の脳科学において、運動すると頭が良くなるとわかってきた

脳科学の世界では最近、運動をすると記憶力や思考力が良くなるという研究結果が相次いでいる。

では、記憶力が上がる理由とは?

運動によって誘導されたノルエピネフリンによる作用ではないかと研究者は推論している。

ノルエピネフリンは脳内にある神経伝達物質で、覚醒や集中、意欲、記憶などに関わる働きをする。

安全で効果的

アメリカの医学協会ジャーナルに

「運動が医薬品よりも効果的かつ副作用なしに、記憶力や精神機能を向上させる可能性を示唆している。」

と2008/9/5のABC Scienceに掲載されました。

どのくらい運動すればいい?

簡単な運動で記憶力を改善できる。

6分間の運動でも「効果あり」

「適度な運動を短時間行うことは、

記憶力を改善するために有効です。

運動には認知機能を改善する効果があります」

カリフォルニア大学のサブリナ シーガル氏(神経行動学)

どんな運動をするべき?

スポーツジムの自転車マシンなどで、負荷のかかる運動をすると、前頭葉の血液量が増えます。

適度な運動後、計算能力が高くなることは昔から知られています。

記憶力を鍛えるためにウェイトリフティングを始めてみましょう。

もし、ウェイトリフティングが得意でないならば、1日20分間のヨガトレーニングを試してみるのもいいでしょう。

研究者たちはヨガと一緒に行われる呼吸運動が精神を集中させ、ストレスを軽減させる効果があると予想しています。

これによってより多くの情報を記憶することができるかもしれません。

1