1. まとめトップ

リメイクせずに振袖が変身・・・和ドレスとは違う!オリエンタル和装が素敵♡

振袖や、訪問着を切らずにドレスに「着付け」てしまう。その間わずか15分!そんなお色直しはいかがですか?帯を変えれば印象も違うので、振袖→ドレスのお色直しもいいかもしれませんね♡

更新日: 2017年07月28日

55 お気に入り 136416 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

和柄のカラードレスに見えるこちらのドレス・・・

なにやらウェディングドレスが見えてはいますが・・・

はさみで裁断したり針を使って縫製したりするわけではなく、着付けの技のみで仕上げていきます!!
その間、約10分~15分!

着付けをほどいてしまえば、また元通りのお着物へ♪
すぐにお振袖としても着用して頂けます!!

思い出の振袖をカラードレスとして着用できる!

元の振袖とドレスに「着付けた」状態。

後ろ姿も白が目立つ!ということはありません。

振袖だけあればいいの??

必要なものは・・・
着物・帯・帯揚げ・帯締め・伊達えり・ヒールのある靴

振袖をお持ちならば必要なのは技術だけ!という感じです。

着付けの料金は??

約3万~6万。

オリエンタル和装として紹介しているページでは6万の料金でした。

和ドレスよりデザインの幅が広がり、ベースのパニエや帯、半襟などコーディネートできるところが魅力

一般的な和ドレスはモダンだったり、黒や赤というはっきりした色が中心ですが、オリエンタル和装ならご覧のようなスタイルにもできる。

出典bimajo.jp

普通の和装同様帯の結び方も様々

帯などコーディネート次第なのも和装と同じ魅力が。

白のパニエだけじゃなくてカラードレスに着付けてコーディネートも。

こちらは白のパニエの上に黒のオーガンジーを重ねてコーディネート。
http://www.bonmariage.jp/2014/05/14/13002
初めての着付けとありますがこれだけうまくできています。

どんな会場でもできるの?

まだまだ数は少ないですが、できる会場はどんどん増えているようです。
希望があれば上記の会場のように、練習してくれるところもありますので気になる方は会場に確認してみては??

1