1. まとめトップ

WCCF 12-13 ベストイレブンまとめ(U-5)

このまとめは私の個人的な観点からまとめたベストイレブンです。思い入れも多分に入っているため、その点はご了承ください。

更新日: 2014年11月06日

nemu0518さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1914 view
お気に入り追加

WCCF 12-13のカードで私的なベストイレブンをまとめましたので興味があればご覧ください。
一応、ガチチームという前提で選んでいます。

※尚、個人的な嗜好もかなり入っていますのでご注意ください。

U-5 ベストイレブン

GK
エイジ・カワシマ(白)

白としては抜群の飛び出しスピードと成長すれば安定するセービング能力からカワシマを選びました。
次点としてクルトワ、ジュリオ・セーザル。PKキーパーはジエゴ・アウベスで確定だと思っています。(ジエゴ・アウベスを先発もありかもですが)

DF
チアゴ・シウバ(BRS)

個人守備重視のレアKPを持ち、堅いディフェンス力から選出しました。
スピードが若干低いものの、とくには気にならないです。

セルヒオ・ラモス(WCB)

SPSと2枚レアがあるため迷いましたが、センターバックでの起用を想定してセルヒオ・ラモスを選びました。

マルティン・カセレス(白)

以前の白に比べてスタミナが上がり、1試合を通じて堅く守ることが出来るサイドバックとして選出しました。

ラファエル・バラン(白)

稼働前から期待値大の新人、残念ながら当初の期待値ほどの活躍はなかったですが、初排出とは思えない高い能力と今後への期待から選出しました。

総括
レアカードに関しては、今まで順調に成長していた2選手が遂に円熟期を迎え、
満を持しての選出となっています。
正直、白に関しては左サイドバックとセンターバックに優良白が多く、右サイドバックの選出に悩みました。セルヒオ・ラモスをサイドに変更して、ケーヒルをセンターで使うという考え方もあるかもです。

MF
エドガー・ダビッツ(ATLE)

ここでレア枠を使うのか?という意見もあると思いますが、バージョン末期に席巻していたハードプレスディフェンスのレアKPフィールドの闘犬を持っており、動きも素晴らしいので選出しました。

ワルテル・ガルガーノ(白)

アンブロジーニと悩みましたが、共に中盤の守備は甲乙付けがたいので、新登場の選手ということでガルガーノを選びました。

イルカイ・ギュンドアン(白)

KPダイレクトプレイが魅力的な1枚ですが、能力的にもバランスが良く、攻守に活躍が出来るため選出

ハビエル・パストーレ(白)

若干のパワー不足を感じつつも、KPスルーパス重視と白とは思えぬ攻撃的センスの持ち主のため選びました。

総括
中盤は最激戦区で数値も85~6が多いので好みによって相当に意見が分かれそうです。
私もアンブロジーニやカカ、ラムジー等、いろいろな次点選手が選考をしていて浮かびました。

FW
クリスティアーノ・ロナウド(WOS)
メッシ(MVP)

上記の両名については今更語るまでもなく、12-13を代表するメガクラックだと思います。
KPの観点から考えるとメッシのマシアの英雄(フォアザチーム)は使い勝手が良いので一押しです。
なので、敢えて変えるならクリロナを外してステファノを入れたり、白カカを入れて他のポジションにレアを回すのはありかもしれません。

1





WCCFをメインにスマホゲーム、アーケードゲームについてまとめています。
攻略、役立ちデータを中心にまとめていますので、暇な時にでも
ご覧ください。