1. まとめトップ

オーガニックに騙されないで!!【オーガニックコスメの真実】

最近、オーガニックコスメのブームに乗っかって、植物エキスを使っていて、石油由来成分を一切使わないコスメだから「オーガニック」と名乗るコスメメーカーが増えているように感じます。本当の「オーガニックコスメ」と、ただのナチュラル系コスメの差をお伝えします。

更新日: 2018年03月09日

39 お気に入り 89477 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lNeeDさん

■日本にはオーガニックコスメの基準がない

「オーガニック・ナチュラル」なコスメがブームですが、日本には「オーガニックコスメ」の基準を定めた法律がありません。

なので、例えば「植物エキス1%、後はケミカルな成分」で作られている化粧品もメーカーが「オーガニックコスメ」と呼べば「オーガニックコスメ」として販売できます。

また、「無農薬栽培の植物エキス配合」という化粧品があったとしても、そのエキスをつくる過程で、どんなケミカルな成分が使われているのか消費者には分かりませんし、こういったコスメの主成分ではないキャリーオーバー成分を表示する義務はメーカーにありません。

■本来オーガニックコスメってどういうこと?

オーガニックコスメが市場のほとんどを占めるEU圏では、オーガニックに関する明確な基準が存在します。

【1】地球環境を尊重する。
【2】消費者に対して不透明な部分がない。

そして、これを証明するために、『オーガニック認証』を取得しています。

オーガニック認証機関の厳正な審査を通過しなければ『オーガニックコスメ』とは言えません。ただの植物エキスを使った『ナチュラルコスメ』になります。

※日本では「オーガニックコスメ=やさしい=敏感肌コスメ」の印象がありますが、本質的には

■オーガニック認証はどんな事を審査するの?

世界にはさまざまなオーガニック認証機関があり、認証機関によって基準が少々異なりますが、概ね下記のような基準が設けられています。

・製品の95%以上が天然由来成分。(認証により異なる)
・オーガニック認定を受けた原料が10%以上。(認証により異なる)
・合成香料使用不可。
・石油由来成分をエキス抽出の溶剤及び製品中に使用不可。
・保存料、防腐剤は、健康被害のない許可されたもののみ使用可能。
・動物実験不可。

もっと詳しく知りたい方は【国際オーガニックセラピー協会】のWEBをご覧ください。
http://urx.nu/dOp9 (URL長かったので短縮しています。)

■オーガニック認証を取っている製品はなにがいいの?

以前、ホテルのレストランなどが「キャビア」と言いながら「とびっこ」を振舞っていたなどの偽装事件がありましたが、コスメ業界も例外ではありません。
「私たちは、肌に優しいオーガニックコスメを作っています。」とメーカーが唱えた所で本当に、オーガニックといえる品質なのか、その品質は保たれ続けているのか、原料になる植物の栽培から、植物が原料になり、化粧品に配合されるまでのすべての工程で「ケミカルな成分」に触れることがないのか。そういったことは確かめようがありません。

しかし、オーガニック認証を取得しているという事は、第三者機関から見て「しっかり品質管理されています。」と、お墨付きをもらっているという事です。
しかも、こういった認証は毎年、更新する必要があるため、真面目にオーガニックコスメを製造販売しているメーカーでなければ、認証の取得はおろか、更新もできないでしょう。

■もっと「オーガニック」はどういいのか知りたい!なら・・・

■オーガニック認証を取っているコスメを使いたい!

「自称オーガニック」ではなく、「本当のオーガニック」を使いたい。
そう思ったら、まずチェックしたいのが製品自体に印字されているオーガニックのマーク。

これらのマークが製品についている場合は、「オーガニック認証」をしっかり取得している真のオーガニックコスメです。

※時々、オーガニック認証を取得した原料を使っているけれど、製品自体にはオーガニック認証を取得していない「自称オーガニックコスメ」があります。気をつけてください。

■日本でも有名な海外のオーガニックコスメ

■国産オーガニックも頑張っています。

まだ、オーガニック認証の理解が浅い日本で、オーガニック認証取得の化粧品を開発・販売されているなんて、頭が下がります。。真の国産オーガニックブランドがどんどん増えることを願っています!!

1 2