1. まとめトップ
  2. カラダ

下痢便でお尻が痛い理由はこれだったのか!人体恐ろしや!

下痢は寝起きから、日中と、時間と場所を選ばないでやってきます!腹痛と共に訪れる下痢はとても辛いものです。なぜあんなに肛門がヒリヒリするのでしょうか?下痢便が痛いのは、腸液に含まれている成分が原因のようです。

更新日: 2016年03月31日

354 お気に入り 2838942 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happystar12さん

お腹の締め付けられているような痛みでトイレにかけこむ

下痢は寝起き、日中と、時間、場所を選ばないでやってきます!

絶望的なまでの下痢 悲しくなるくらいお腹痛かった

下痢便を出したら、イテテッ!と悶絶

下痢をする=何度もトイレに行く=何度もお尻を拭く=拭きすぎてヒリヒリ痛くなる

下痢の時には肛門周囲の粘膜が軽い炎症を起こします。炎症部分にとってはティッシュも凶器になりますのでなんどもふくと出血することになります。

そんなことより今朝からやっぱりお腹下りすぎてお尻痛いよなんとかしてくれよなんで下痢はお尻痛くなるんだよ

下痢がやばいほど辛くてマジで痛いよおって悲鳴あげてる

昨日の死ぬほど辛いやつ食べてから 下痢がとまらん笑 本日4回目です 肛門痛い

非常に若い頃は高頻度でトイレに行きトイレットペーパーで肛門を刺激するために、炎症を起こしていたいのだろうと思っていた。しかし、ウォシュレットという近代兵器が開発された古今にいたっても、相変わらず痛い。その理由は何か?

自分も気になっていました。調べてみて驚いた!

下痢便から出る腸液はアルカリ性。これが、肌を溶かす作用があります

しかし、下痢の時にはほとんど水のような状態で
物理的な刺激はほとんど無さそうです。
それでもかなり痛いですよね。

下痢での肛門の痛みの原因は「腸液」による刺激のようです。腸液は通常であれば、排便を促す程度の刺激になっているようですが、下痢、しかも水様状のものになってくると、腸液が一緒に出てきてしまうようです。

腸液は、アルカリ性なので、肌(たんぱく質)を溶かす作用があります。

お肌は弱酸性と言われているので、アルカリ性の腸液が刺激になって、あの焼けつくような痛みがしたわけです。

下痢んとき肛門が痛いのは、液化ウンコが強アルカリ性で粘膜に染みるからです。

「下痢をして肛門が痛い」この中には実は、pHだの消化酵素だのといった科学が隠されている。日常的に起こる肛門の痛み。そこに科学がある。

下痢になる理由

精神的ストレスが多い人
乳糖不耐症の人
腸の粘膜が水分を十分に吸収できない人
アルコールを飲むと下痢を起こす人

アルコールを大量に飲み続けると、慢性膵炎やアルコール性肝障害を引き起こし、消化吸収不良となって下痢状態に。脂っぽい食事を摂ったときも、胆汁が大量に分泌されて膵臓や肝臓に負担がかかり、下痢を起こします。

食中毒など感染を起こしたとき(分泌性下痢)、腸の水分吸収が不十分なとき(浸透圧性下痢)、暴飲暴食やストレスなどで腸が動き過ぎるとき(運動亢進性下痢)に起こります。

牛乳を飲んで下痢をすることがあるのも、この乳糖不耐症に原因があるのだと須田先生は解説する。

辛いものを食べて下痢をしているのは
刺激物による粘膜障害である可能性が高いです。

そういや、もう一つの疑問。辛い食べた後の便が痛くなるのはなんでだろう?

辛い物を食べたときの大便が痛いのは”痛み=辛味”だから

1 2