1. まとめトップ

女流本因坊となった藤沢里菜二段って?

女流棋戦のひとつ、「女流本因坊戦」の結果が出ました。

更新日: 2014年11月08日

0 お気に入り 8170 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ice-tanさん

藤沢 里菜(ふじさわ りな、1998年9月18日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁の棋士。埼玉県所沢市出生の東京都新宿区出身。父は藤沢一就、祖父・師匠は藤沢秀行

第33期女流本因坊戦第3局は、233手まで黒番:藤沢里菜会津中央病院杯の5目半勝ちとなりました。これで藤沢会津中央病院杯が3連勝で女流本因坊タイトル奪取(二冠)。また史上最年少での女流本因坊位となりました。 #女流本因坊戦 pic.twitter.com/xUu4zmcyxs

女流本因坊戦とは?

女流本因坊戦(じょりゅうほんいんぼうせん)は、囲碁の女流棋士による棋戦で、日本棋院と関西棋院の棋士が参加する。1981年創設。女流棋戦では最も格が高い。優勝者は女流本因坊の称号を得る。また5連覇により名誉女流本因坊の資格を得る。2014年まで、名誉女流本因坊の資格を持つのは謝依旻のみである。前身は1952年創設の女流選手権戦。

「本因坊」家とは?

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑に仕えた(とされる[1])日海(一世本因坊算砂)を開祖とする家系。「本因坊」の名は、算砂が住職を務めた寂光寺の塔頭の一つに由来する。「本因坊」はもとは連声して「ほんにんぼう」と読んだが、囲碁の普及に伴って「ほんいんぼう」と読まれるようになった。

TWITERの反応

藤沢二段が女流本因坊に=16歳1カ月の史上最年少 jiji.com/jc/zc?k=201411… 天才やば。かっこいーーーー

女流本因坊。藤沢秀行の孫娘、里菜ちゃん凄いな。いずれ、とは思ってたけど。こないだまで中学生だろ。ただの蛙じゃないからな。

優勝賞金は?

本因坊戦の場合は・・・

他の女流棋戦

女流名人戦(じょりゅうめいじんせん)は、産経新聞が主催する囲碁の女流棋士による棋戦で、日本棋院と関西棋院の棋士が参加する。1988年創設。優勝者は女流名人の称号を得る。

女流棋聖戦(じょりゅうきせいせん)は、囲碁の女流棋士による棋戦。本戦以降は早碁で行われ、囲碁・将棋チャンネルで放映される。挑戦手合いは三番勝負。5連覇で名誉女流棋聖の資格を得る。

会津中央病院杯・女流囲碁トーナメント戦(あいづちゅうおうびょういんはい・じょりゅういごトーナメントせん)は、囲碁の女流棋士による棋戦。本戦は8名によるトーナメントで行われ、決勝以外は持ち時間各1時間、決勝は持ち時間各5時間の二日制で行われる。2014年に開始された。女流棋戦としては賞金額が最大であり、封じ手のある二日制の棋戦もこれが唯一である。

実は・・・

藤沢二段は、女流棋戦史上最年少の15歳9カ月で優勝した6月の会津中央病院杯に続く、2個目のタイトル獲得となる。

4つある女流棋戦のうち2つを制している。
このまま最年少のタイトルホルダーと奈ってほしいですね。

1