1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

キーボードアプリ解禁でiPhoneがどんどん使いやすくなってる

iOS8でiPhone、iPadで純正以外のキーボードが使えるようになってから、自分の使い勝手の良いアプリを試す人が増えています。そんなサードパーティー製キーボードアプリのまとめです。

更新日: 2014年11月08日

IT次郎さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1076 お気に入り 382658 view
お気に入り追加

■iOS8で可能になった機能

iPhoneのキーボードにカタカナを半角にする機能があったらなぁ……

こんな機能あったらいいのに…や?

もうそろそろiPhoneのキーボードつらくなってきたからフリック入力憶えたい感じあるけど、あれ英語打つの面倒だから結局普通のキーボードになっちゃう

使いづらいなぁ…。
という方のためのまとめです。

■便利なキーボードアプリを使い分けよう

『Swype』は、文字入力アプリ。タップではなく、スワイプ操作で入力するという全く新しい入力スタイルのキーボード

もうアップルのキーボードは外して、mazecとSwypeだけで使うことにした。入力速いよ。

Swypeキーボード使ってみたけど、てきとーな入力でも意外と良思った通り入力されて驚いた。でも、何度入力してもうまく候補が出てこない単語もある。あと、ローマ字入力なんで、一般的なフリック入力の方が速い。

「SwiftKey」は、1億台以上のAndroidスマホとAndroidタブレットに搭載されている文字入力アプリ。

両方統一しとけば便利かも。

「SwiftKey 日本語入力」は予測変換に優れており、入力ミスも自動で訂正してくれる。「しんじゆく」や「てんかは」と誤入力しても、「新宿」や「天気は」というように予測変換するので助かる。

SwiftKeyというキーボードを使ってみようか(´°ω°`)アイディア的に便利そうだから・・・

ミスをしても、キーボードがそのミスを自動的に修正するため、非常に気持ちよく入力をすることが可能です。

fleksyって目を閉じて入力してもいい感じで補正してくれるアプリとして2年くらい前に話題になってたの思い出した

ATOKの変換精度の高さは健在だ。前後の文脈から適した単語を選んでくれる。「登場人物が搭乗カウンターに」といった文章などは得意中の得意だ。

1 2





IT次郎さん

Apple製品・IT情報・ゲームが大好物。

このまとめに参加する