1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

なにこれ!?スイスの登山鉄道が日本を好き過ぎて妙なことに…。

日本とスイスの2国を代表する観光鉄道『レーティッシュ鉄道』と「箱根登山鉄道」。姉妹提携を結んでいます。「お互いの姉妹提携の証に車両を同じ塗装にしましょう」…ってできた車両が妙な車両です。日本を好きになってくれるのはうれしいのですが…「漢字、超カッコイイ!!!」ということで妙な車両登場です。

更新日: 2016年01月31日

shimikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
191 お気に入り 170102 view
お気に入り追加

スイス、アルプスの絶景を走る赤い列車『レーティッシュ鉄道』

レーティッシュ鉄道は、スイス東部のグラウビュンデン州を中心に約400kmの路線網を持つスイス最大級の私鉄。
沿線にサンモリッツやダヴォスなどの世界的なリゾート地を持ち、氷河急行やベルニナ急行といった看板列車を走らせている観光路線をもってます。

スイス最大の民営鉄道であるレーティッシュ鉄道は、世界でも数少ない世界遺産に登録された鉄道です。

アルプスの難所を通過させるため、多くの石橋やトンネルが作られました。

鉄やコンクリートが使われていた時代ながら、自然の景観を損なわないように峡谷の橋は、石を積み上げて作られているなど、貴重な鉄道遺産でもあります。

一方、スイスのレーティッシュ鉄道と姉妹提携を結んでいるのが日本の「箱根登山鉄道」。

箱根登山鉄道は日本の人気観光地箱根に向かう登山鉄道。

箱根湯本駅 - 強羅駅の区間は、最大80‰の急勾配と地形に沿った非常に急なカーブを持つ路線。

「日本唯一の(本格的な)登山電車」とも紹介されることもあります。

「お互いの姉妹提携の証に車両を同じ塗装にしましょう」…ってできたのがこれ!!!

「箱根登山電車」…って漢字!!!

何ですかこれ!

たしかこれになった経緯って 箱根登山鉄道「姉妹鉄道の証に同じ塗装にしましょう」 スイス「いいですね!」 箱根「ウチはこういうカラーでして」 スイス「漢字やべえ!超カッコイイ!クール!」 箱根「あの」 スイス「じゃーんできたよ!!」 箱根「」 という経緯があってだな

ネタで作ったかと思ったら、けっこう本気で走ってます。

アルプスの山中を走る「箱根登山電車」。

さぁ~今から山をのぼりますよぉ~♪

客車でも貨車でもなんでも引っ張りますよ♪

スイス送りになった箱根登山電車はせめてもっとかっこいいフォントを用意したげて…

一方日本の箱根登山鉄道もスイスの氷河特急と同じ塗装に。こちらは素直に良いですね。

30周年を祝う記念行事の一環として、箱根湯本~強羅間を結ぶ2000形車両の1 編成を、『氷河特急』の新型パノラマ車両と同じ特別塗装にしました。

スイスのレーティッシュ鉄道と日本の箱根登山鉄道。
そっくりの塗装ですね。

30周年を祝う記念行事の一環として、箱根湯本~強羅間を結ぶ2000形車両の1 編成を、『グレッシャー・エクスプレス(氷河特急)』ルートを走る新型パノラマ車両と同じ特別塗装に変更して営業運転をスタートします

箱根登山鉄道の方はかっこいいのにスイスのはヤバい感じだな

漢字であふれるスイス・レーティッシュ鉄道。スイスはいつから漢字の国になったのよ!

スイス・レーティッシュ鉄道にはいろんなところに漢字が溢れているみたい。

日本人にとって、なかなかシュールな光景です。

スイスかわいいwww漢字の書体がダサいのも余計かわいい

興味のある方、スイス・レーティッシュ鉄道までお越しください。

1





shimikeさん

いろんなことをまとめていきます。