この研究の上席著者である、米・イェール大学のベッカ・B・レヴィ教授によると「1日30分の読書をしている人は、読書をしない人にくらべて大幅に延命効果を持っている」とのこと。30分×7日間で3.5時間。この効果は、統計学的に見ても有意性があるとされているとか。

読書をすることで多くの知識を身につけたり、物語に触れることがストレス解消になったりと、その効果には様々なものが期待されます。まずは習慣づくりから始めてみるのがいいかも。

出典週に3.5時間以上の「読書」が、寿命を2年伸ばす(米・研究結果) | TABI LABO

前へ 次へ