1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【湘南】湯河原のおすすめデート・観光・グルメスポット厳選39

海と山に囲まれた美しい四季の街、湯河原は、万葉集にも詠まれ、万病に効くと評判の良質な温泉地として知られています。また、小田原・箱根・熱海に隣接し、交通の便も良いため、日帰り旅行にも最適です。温泉・歴史・花見など、見どころも満載!デート、旅行、観光、ドライブなど素敵な時間をお過ごしください。

更新日: 2018年11月10日

287 お気に入り 1554196 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆観光スポット 厳選19
◆グルメ 厳選14
◆お土産・お買い物 厳選6

★★★観光スポット★★★

◆万葉公園

湯河原温泉の中心部にあり、千歳川に沿った細長い公園。木々におおわれた園内には遊歩道が設けられ、国木田独歩の碑、湯河原温泉発見の伝説にまつわる狸福[りふく]神社などを散策できる。
また、園内には足だけ浸かり、足裏のツボを刺激する足湯温泉が9種類揃う「独歩の湯」もある。

住所 神奈川県湯河原町宮上566
電話番号 0465-64-1234(湯河原温泉観光協会)
営業時間 入園自由
定休日 無休
料金 入園自由

◆郷土資料展示室

万葉公園内の湯河原観光会館2階にある資料館。
湯河原と近代文学とのかかわりを中心テーマにして、写真や文学者の書簡などを展示。
湯河原温泉には国木田独歩、与謝野晶子、島崎藤村、谷崎潤一郎らが滞在し、明治以降いかに多くの文学者に愛された保養地であったかがわかる。
町内の縄文遺跡からの出土品や湯河原温泉今昔の写真もある。

住所 神奈川県湯河原町宮上566 観光会館内
電話番号 0465-62-3761(湯河原観光会館)
営業時間 8時30分~17時
定休日 水曜
料金 入館無料

◆幕山公園

標高626mの幕山の麓にある公園。
「幕山」といえば、全国的に「湯河原梅林」が有名です。
隣接する湯河原梅林は2月上旬~3月中旬には紅白の梅が山の斜面を彩り、見ごろに合わせて野点や特産品の販売など各種イベントが行われる梅の宴が開かれる。
イベント期間中は臨時バス運行。

住所 神奈川県湯河原町鍛冶屋
電話番号 0465-63-2111(湯河原町観光課)
営業時間 -
定休日 -

◆不動滝

藤木川の支流にかかる落差15mの滝。そばには身代わり不動尊が祭られている。滝の入口には茶屋がある。

住所 神奈川県湯河原町宮上750
電話番号 0465-64-1234(湯河原温泉観光協会)
営業時間 散策自由
定休日 無休

◆ゆとろ嵯峨沢の湯

露天風呂の眼下に相模湾を望む、のどかな山あいにある温泉施設。男女日替りで交替する浴場は2カ所あり、「こちょうの湯」には檜の内湯と露天の岩風呂、洞窟の湯、打たせの湯、小滝の湯が、また「ささはなの湯」には黒御影石の縁どりの内湯と露天の岩風呂、気泡の湯、大滝の湯とバラエティに富んだ造り。
神奈川県公認第1号の飲泉コーナーもあり、自由に源泉が飲めるのも泉質のよさを示すものだ。
眺望が自慢のレストランもある。

住所 神奈川県湯河原町吉浜1191
電話番号 0465-62-2688
営業時間 10~23時(受付は~22時)
定休日 木曜(祝日の場合は営業、2・3・8月は無休)

◆町立湯河原美術館

温泉街に立つ赤レンガ造りの小さな美術館で、晩年、静養のため湯河原で過ごした日本画家の竹内栖鳳[せいほう]、洋画家の安井曾太郎、美人画で有名な伊東深水など、湯河原にゆかりの深い画家の作品を収集・展示している。
また、平松礼二館を併設し、常時約20点の作品を展示。
日本庭園では、フランス・モネ財団から平松氏に贈られた「モネの睡蓮」を育成中(開花は夏頃)。
喫茶室、ミュージアムショップあり。

住所 神奈川県湯河原町宮上623-1
電話番号 0465-63-7788
営業時間 9時~16時30分(入館は~16時)
定休日 水曜(祝日の場合は開館)、臨時休館あり(展示替え期間)

◆人間国宝美術館

人間国宝の作品を集めた美術館。
館内には十三代目今泉今右衛門の作品など、最高峰の傑作が展示されています。
また販売コーナーでは、入館者なら誰でも人間国宝の茶碗で抹茶が頂くことが可能。
本物に触れて貰いたいという芸術を愛する思いから始めたサービスです。

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町中央3-16-1
TEL:0465-62-2112
時間:9時30分~17時(最終入館~16時30分)
休み:無休

◆西村京太郎記念館

『十津川警部シリーズ』の著者として知られる西村京太郎氏。
館内には約500冊もの著書や生原稿、鉄道ジオラマを展示しています。
それらをサービスロボットの「エノン」が案内してくれます。
カフェではサイン入りカップセットを持ち帰ることができます。

住所 神奈川県湯河原町宮上42-29
電話番号 0465-63-1599
営業時間 9時~16時30分(最終入館は~16時)
定休日 水曜(祝日の場合は翌日)

◆こごめの湯

湯河原温泉の万葉公園に隣接した小高い丘の上に立つ町営の温泉施設。
館内には大浴場が2カ所あり、それぞれ露天風呂と大きな窓ガラスで採光された内湯が設けられている。
「小梅の湯」は明るく広々とした浴槽が人気で、「万葉の湯」は岩組みの清潔な内湯に温泉が注がれていて心地よい。
露天風呂はいずれも庭園風の岩風呂で、奇数日、偶数日ごとに男女を入れ替えている。
2階には眺めのいい無料大広間があり、軽食なら持ち込みもOKで、のんびりできる。

住所 神奈川県湯河原町宮上562-6
電話番号 0465-63-6944
営業時間 9~21時(受付は~20時30分)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)

◆まゝねの湯

傷に抜群の効果を発揮するという温泉を、立ち寄り湯としても開放しています。
お湯の温度は45度。
このお湯には、女将・室伏晴美さんの存在が欠かせません。
泉質を保つため、80度の源泉に水を加えず自然に冷ましています。
その為、晴美さんは深夜と早朝に湯温を調節する作業を、お休み以外の一年中毎日、一人で続けているのです。
こうした温泉へのこだわりが、訪れる人を癒しています。

1 2 3 4 5