1. まとめトップ

ハンコ注射の跡って・・どうして残ってしまうん?

ハンコ注射といえば、最近では0歳時に受けさせるようなっているようで、うちの娘も接種しました。ところでハンコ注射の跡は残っている人残らない人がいるようですが、その境界線はどこなのでしょう?ちょっと調べてみました。

更新日: 2014年11月08日

7 お気に入り 648511 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ねこ魂さん

腕にクリリンの頭みたいな跡が残っている人いませんか?

ハンコ注射を接種した跡なのですが、これが残っている人残らない人がいますよね。
その境界線はどこなのでしょう?ちょっと調べてみました。

跡が残る理由

跡の残る接種はいずれも「ハンコで押した接種跡が化膿することで免疫が付く」
タイプの予防接種

つまり、化膿することが正しい予防接種ができている証拠

多くの方は「3ヶ月~半年ぐらい、なおっては再度化膿することをくり返す」ことになります。
化膿をくり返すと、どうしても傷跡が残りますので・・・。

化膿したものが残ってしまった結果だったのですね。

接種後、一度、消えかかります(ほとんど消えることもあります)が、2~3週間たつと再び赤くなり始め、4週間後くらいで膿っぽくなります。

でも、その後も、白っぽい跡や凹みかけた跡がしばらく続くこともありますが、何年かたつと、どこにやったか分からなくなります。

このまとめを書いているときのうちの娘が丁度4週間ぐらいで化膿がヒドイ。。

どうして腕にハンコみたいな注射するの?

BCGは結核を予防するために接種するワクチンです。その効果について、多くの文献を総合的に評価した結果、乳幼児期にBCGを接種することにより、結核の発症を52~74%程度、重篤な髄膜炎や全身性の結核に関しては64~78%程度予防することができると報告されています(Colditz et al, 1995)。また、一度BCGワクチンを接種すれば、その効果は10~15年程度続くと考えられています。

結核を予防するための大事な予防接種となります。

前は産まれて3ヶ月〜やる最初の注射だったけど、今は5ヶ月〜の接種になったよね。
しかもツベルクリンなしで、みんなBCGやります‼

9本針がついたスタンプ状のものを2回捺しますが、18個の傷跡のうち12個以上跡が残っていると結核の免疫がついている確率が100%に近いそうです。
逆に、ほとんど跡が残っていなかったら、せっかく打っても免疫がついていないことが多いっていうことです。

何時頃まで残る?

1歳2ヶ月になる男の子がいますが、跡がくっきり残っています。

BCGは打たれる場所で、跡の残りやすさが違うらしい

射ってくれる先生や体質によるのか、残る人はのこってしまうようです。
代表的なハンコ注射は、BCGと天然痘でがあるようなのでそこが混同されているのも原因かもしれません。

厚生労働省の指導としては、以下のように記載されていました。
「BCGワクチンは、上腕外側の中央部分に接種するものとされており、その他の場所への接種は、薬事法上認められていません。また、肩の部分に接種を行うと、ケロイドを生じやすいことが報告されています。そのため、定められた場所への接種をお願いします。」

参考

1